webライター

アフィリエイトはなぜ嫌われているのか

スマホ 破壊

アフィリエイトって世間的には嫌われているイメージがあるような気がします。

いや、そんなことはないっていう方もおられるかもしませんが、少なくても自分の周りにいる人は、割と嫌いな人が多いです。
中にはアドセンスブロックっていうものを使って広告をブロックしている人もいます。

まあ、広告が嫌いな人はどの道クリックしないから、アフィリエイターやブロガーにとってはそこまで影響はないのかもしれません。
ただアフィリエイトに対する悪いイメージによって、新しい人が参入してこなくなったり、SNSで叩かれたりこともあるでしょう。

本記事では、なぜアフィリエイトは嫌われているのか、について考えてみました。

そもそもアフィリエイトとは?

そもそも、アフィリエイトとは一体何かっていうことなんですが。

アフィリエイトとは、インターネットに張られている広告の中でも、成果報酬型のものを指します。自分のブログやホームページに広告を貼り付けることで、そこから購入したら報酬を貰えるようになるという感じです。購入する人が多ければ多いほど、広告を貼り付けた人は報酬を貰うことができます。

自身のサイトにアフィリエイト広告を張って稼いでいる人のことを「アフィリエイター」と言います。

アフィリエイターの中には月200万とか300万とか平然と稼ぐような強者も存在します。
ただ、稼げない人も多く、途中て離脱する人が多いジャンルでもあります。

アフィリエイトは何故嫌われているのか

んで、このネットのサイトに広告を張るアフィリエイトという行為、何故嫌われているのか、っていう本題について考えてみたいとおもっております。

嫌われている理由は以下の4つにあるんじゃないかと考えました。

・広告を変な所に張っている人がいるから
・広告にはエロいものが混じっているから
・テレビのCMと同じという認識がまだない
・広告を張っていないサイトの方がクオリティが高いときがある

広告を変な所に張っている人がいるから

まとめブログに多いのですが、広告を変な所に張っているのがたまにあります。
スマホで見た時に、誤タップしやすい場所にわざと置いたりとか、そういうことをする人がたまにいます。

後、単純に広告貼りすぎなサイトも結構あります。

まあ、こういうのは悪質だとは思います。
コンテンツを公開することではなく、広告が主役になっているという感じでしょうか。

ただこういうサイトを摘発する方法もあんま現状ない気がします。
何も持って悪質なサイトと見るかは非常に難しい所だと思います。

広告にはエロいものが混じっているから

5chとかに多いのですが、エロい広告が混ざっているものがたまにあります。
こういうのも不快に思う人が出てくる原因でしょう。

エロい広告はわいせつ物陳列罪になるか否かという問題もありますか、どうも下記サイトを見る限りだと、完全に違法になる訳ではないようです。
https://lmedia.jp/2014/10/09/57020

エロい広告も完全に摘発するのは現状難しいと言ったところでしょうか。

違法サイトにも広告が貼られているから

今は完全に閉鎖されていますが、ちょっと前まで「漫画村」というし違法サイトが話題となっていました。
漫画村は有料で売られている漫画を、コピーして無料で公開するということをやっていました。

この漫画村というサイトには、いくつかの広告が貼られていました。
ただ、広告を貼るには基本的に広告を出している会社の許可が必要なわけです。
つまり違法サイトにも広告を貼るのを許可してしまっている、ということです。

テレビのCMと同じという認識がまだない

広告ってテレビのCMのようするに同じなんですよね。

CMも商品を紹介して、コンテンツ制作するお金を算出しています。
アフィリエイトもそれとそんなに違いはありません。

ただ、CMはそんなに嫌われてはいません。
テレビにCMが流れ始めた頃はどうだったんでしょうかね。
CMは嫌われてはいたのでしょうか?
嫌われていたのだとしてたら、時を経て嫌われなくなったということになります。
だとしたらアフィリエイト広告も、そのうち嫌われなくなるかもしれませんね。

広告を張っていないサイトの方がクオリティが高いときがある

広告を張っていないサイトの方がクオリティが高いっていうことがあります。

広告を貼らずに、自身のサイトを作っている人は、趣味でやっているということになります。
つまり自分が楽しいと思うことをやっているわけです。
結果、仕事としてやっている人のクオリティを超えてしまうこともあるかもしれません。

んで、そういう広告を貼っていないサイトの方がクオリティ高いなら、「広告を貼らずにコンテンツを提供しろよ」って話になってしまうのかもしれません。

まとめ:アフィリエイトは時間が経てば割と嫌われなくなりそう

自分の勝手な予想なんですけど、テレビのCMみたいにユーザーの日常に完全に溶け込んでしまえば、もうアフィリエイト広告は嫌われなくなると思うんですよね。
ただ、現状はまだ溶け込んでいるわけではないということだと思います。

もっと時間が経てばアフィリエイトも嫌われなくなるでしょう。
後はエロい広告があったりとか、違法サイトに広告が貼られていたりとか、その変が色々カオスなことになっているので、その辺が整理できれば、だいぶ良くなると思われます。
ただ、その辺りの法律だとか仕組みが整理されるにも、もう少し時間が必要になってくるのでしょう。

補足:ぶっちゃけ自分で稼げるようになったら手の平ひっくり返す気がする

ぶっちゃけアフィリエイトを嫌う人って、自分でアフィリエイトで稼ぐようになったら、みんな手の平ひっくり返すと思うんですよね。
割とアフィリエイトと稼げなくなった人が、アフィリエイトアンチになるパターンもある気がする。