転職

【キャリア相談】転職エージェントの選び方のコツを紹介!【業界特化】

エージェント 時間

「転職エージェントの選び方がよくわからない。っていうか転職エージェント多すぎ、どういう感じで選べばよいか教えてほしい」

本記事ではこのような悩みを抱えた人を対象としています。

確かに転職エージェントって種類が今はたくさんありますよね。

自分にあったエージェントを選ぶことは大切です。

しかし多すぎて、どれを選べば良いか迷うもの。

サービス内容も細かいところで違っていて、選ぶのが難しいですよね。

そこで本記事では転職エージェントの選び方のポイントをご紹介します。

本記事を読めば自分に合った転職エージェントの選び方がわかりますよ。

優秀な転職エージェントの特徴は4つ

優秀なエージェントの特徴は大きく分けて4つあると考えます

1.キャリア相談をしてくれる
2.その業界に精通
3.求人案件が良質
4.担当者の営業スキルが高い

まずはこの4つ該当しているであろうエージェントを優先的に選びましょう。

その中から、対応している職種とかエリアとか、自分に合ったものを選ぶと良いです。

1.キャリア相談をしてくれる

エージェントの役割は、求人を紹介することだけではありません。

転職者と同じ目線に立ち、今後のキャリアを考えてくれるのが、優良なエージェントです。

「とりあえず転職を成功させればよいや」と考えるのではなく、先のことまで考えてくれるところがベスト。

エージェントの担当者にはひとまずノルマを達成できればよいと考えている人もいるので注意。

2.その業界に精通

自分が就きたい業界に精通しているかも確認しましょう。

たとえば、IT業界を専門に取り扱っているところは、元エンジニアが担当者になってくれることも。

その業界に精通しているコーディネーターがいるかは確認してください。

公式ホームページには、コーディネーターの経歴が掲載されている場合があります。

利用前にはぜひ確認しましょう。

3.求人案件が良質

求人案件が良質かどうかも、見ておくのがおすすめ。

なかにはハローワークと変わらない求人が混じっていることもあるので、よく確認してきましょう。

求人はサイトから検索して調べることが可能です。

求人の概要には、「残業時間」や「労働条件」が掲載されているので要チェックです。

4.担当者の営業スキルが高い

担当者の営業スキルが高いかどうかも見てきましょう。

営業スキルが高い担当者は、面接で転職者をうまくアピールしてくれます。

担当者のフォローがうまいと、それだけ成功率がアップしますからね。

担当者の質に問題がある場合、担当者を変えてもらうことも考えましょう。

転職エージェントの選び方のコツ

さてここからは、転職エージェントの選び方のコツを紹介します。

これらのところに注目して選ぶことで、自分好みのエージェントにめぐり合えますよ。

転職エージェントは大きく分けて2種類ある

転職エージェントには大きく分けて2つあることをご存知でしょうか。

1.総合型エージェント
2.専門特化型エージェント

この2つの違いは覚えておいてくださいね。

1.総合型エージェント

色々な職種を取り付けるエージェントです。

dodaエージェントサービスやリクルートエージェントなど、大手エージェントがここに該当します。

IT、不動産、介護、なんでも揃っているので、どの業界に行きたいか決まっていない人におすすめです。

担当者は、その業界に詳しい人を選ぶことができます。

2.専門特化型エージェント

一つの業界に特化したエージェントです。

たとえばITに特化したエージェントは、ワークポートやレバテックキャリアなんかが有名ですかね。

自分の就きたい業界が決まっているなら、こちらの方がよいですね。

特化型の方が、より業界に詳しい人が集まっています。

転職エージェントは複数使う

転職エージェントは複数使うことをおすすめします。

複数使った方が、より多くの求人で出会うことができるからですね。

また、どっちかのエージェントが自分に合わなかった場合、片方だけを利用するようり切り替えることも可能てす。

エージェントは複数使うことが基本だと覚えておきましょう。

求人紹介以外のサポート内容もチェック

エージェントには求人紹介以外にも様々なサポートをしてくれます。

履歴書を添削してくれたり、面接練習をしてくれたり、面接日程を調整してくれたり。

サポート内容自体はどこもそこまで変わりません。

ただ、サポートの質が結構変わるときがあります。

A社ではちゃんと履歴書を添削してくれたが、B社ではいい加減だった、なんてことも。

こういうサポートの質も確認するためにも、エージェントは複数登録するのがおすすめなのです。

転職エージェントのよい使い方3つ

最後になりますが、転職エージェントのよりよい使い方をご紹介します。

よいエージェントを選べても、うまく使いこなせることができなければ、転職成功には結びつきません。

以下のポイントを意識してエージェントを活用しましょう。

1.担当者には2週間に1回は連絡を!
2.エージェントを複数利用していることは伝えよう
3.マナーはしっかり守ろう

1.担当者には2週間に1回は連絡を!

担当者とは、こまめに連絡を取ることをおすすめします。

最低でも2週間に1回は近況報告などをするようにしましょう。

連絡を取らないと、担当者も熱量がなくなってしまい、サポートの質が下がることがあります。

また、担当者もあなたの転職状況が気になっていますからね。

連絡をこまめに取れば、担当者も次の準備がしやすくなります。

2.エージェントを複数利用していることは伝えよう

エージェントを複数利用することは、担当者には伝えた方がよいです。

その方がうちも負けじとよい求人を紹介してやる、と張り合ってくれます。

複数利用することも禁じているエージェントはほとんどありません。

堂々と公表してしまいましょう。

3.マナーはしっかり守ろう

エージェントを利用するときには、マナーはしっかり守りましょう。

マナーの悪い転職者には、担当者だってサービスをする気がなくなってしまいます。

挨拶をしっかり行ったり、身だしなみを整えてから相談に行くことは大切。

嫌な気持ちを相手にさせないことは、自分の転職を成功させることに繋がります。

まとめ

本記事では転職エージェントの選び方について解説しました。

エージェントを選ぶ際は、紹介しコツを意識すると良いです。

よいエージェントと巡り会えれば、転職成功確率もアップします。

また、エージェントは複数利用することをおすすめします。

何種類か利用してみないと、そもそもよいエージェントかどうか分からないですからね。

みなさんの転職活動がよりよいものになることを祈っております!