時事

ベーシックインカム導入してもニート大量発生しない3つの理由

札束 大量

「ベーシックインカムをやれって意見あるけど、そんなの導入したらニート大喜びじゃん?ニートが大量発生して、日本やばくなるんじゃないの?」

本記事ではこういったテーマについて考えていこうと思います。

ベーシックインカムは、ちょっと前から話題になっており、多くの人が「導入しろ」と言っています。

ただ、ベーシックインカムなんかやったら働かない人が増えるんじゃないかって、思いますよね。

自分もそう思って、ベーシックインカムについて調べていました。

その結果、ベーシックインカムを導入しても、ニートは増えないのではないかと思えてきました。

今回はその理由についてまとめていきます。

ベーシックインカムを導入しても、ニートは増えないと思う3つの理由

ベーシックインカムを導入してもニートは増えない。

その理由を3つ挙げます。

1.配布される金額は少ない
2.他の人が稼いでいたら稼ぎたくなる
3.暇に耐えられる人は少ない

1.配布される金額は少ない

ベーシックインカムで配布される金額は少ないです。

いくら配るか具体的に決まっている訳ではないのですが、月7~8万くらいが適切と言われています。

あんまり配りすぎると、財源が足りないですからね。

7~8万くらいでは生活するのがやっとです。

都会では暮らせないですし、食費も抑えないといけません。

多くの人は、「もっと良い暮らしがしたい」と考えるのではないでしょうか。

7~8万を配布しても、多くの人はもっと稼ぎたいと感じると推測されます。

2.他の人が稼いでいたら稼ぎたくなる

7~8万で暮らしている傍ら、友人が20万、30万稼いで週末バーに行ってるなどしてから、誰でも羨ましくなります。

他の人が稼いでいたら、自分も稼ぎたくなるものだと思いますね。

「じゃあ今のニートはなんで稼ぎたくならないんだ」

でも、ニートで満足しているのは一部だけかと。

多くの人はもっと贅沢をしたいという欲求が抑えられない気がします。

ニートもなりたくてなってる訳じゃなくて、「働けるなら働きたい」と思っている人も多いですしね。

病気などの理由で働けず、やむなくニートになっている人は大勢います。

3.暇に耐えられる人は少ない

暇に耐えられる人って結構少ないと思うんです。

働かないで睡眠以外の16時間も過ごしているのは、辛い気がするんですよね。

「趣味とかで時間いくらでも潰せるじゃん」とも考えられるんですが、どうなんでしょう。

熱中できる趣味が見つかれば良いのですが、趣味も飽きてしまったら「どうせ時間潰すなら稼いだ方が良いや」って考えるかもしれません。

ベーシックインカムを導入したら助かるであろう人

ベーシックインカムを導入してら、以下の人たちが助かると言われています。

1.家族・子供が多い人
2.生活保護を受けたくても断られてきた人
3.起業したくてもできない人

1.家族・子供が多い人

家族や子供が多い人はベーシックインカムが導入されると楽になります。

現状日本では、子育てするお金がなくて結婚できない人が多いですよね。

でも1人当たり7万円がベーシックインカムで配布されるなら、4人家族で28万円も貰えるのです。

子供の分までお金を貰える分、家族が多いと総額が増えるという訳ですね。

子育てにかかる費用が算出できなくて苦労する人が、ベーシックインカムで激減します。

2.生活保護を受けたくても断られてきた人

生活保護を受けたくても、断られてしまったり、受ける勇気が起きなかったりする人がいます。

また、生活保護を後ろめたい気持ちが受けている人もいるかもしれません。

そういった方もベーシックインカムで救われます。

ベーシックインカムが導入されたら、恐らく生活保護制度は要らなくなる。

生活保護がなくても、7~8万貰えれば生活できるからですね。

3.起業したくてもできない人

起業したいけどリスクが高くてできない。

こういう方もベーシックインカムで助けられます。

起業に失敗しても最低限の生活は保障されると思えば、どんどん挑戦可能です。

起業家が増えれば、どんどん日本が活性化していきます。

ベーシックインカムの問題点3つ

ここまで読んで「ベーシックインカムって良いことだらけじゃん」って感じた方も多いと思います。

自分も「なんでこんな良いことを国は実践しないんだろう」って思いました。

でも、ベーシックインカムには問題点もあるんですよね。

問題点は以下の3つに集約されます。

1.普通に財源が足りない可能性
2.企業がリストラをしやすくなる
3.メンタルを病む人が増えそう

1.普通に財源が足りない可能性

ベーシックインカムを導入をすると、財源が足りなくなる可能性があります。

考えて見れば当たり前の話なんですけどね。

少なくとも今の日本に、月7~8万も全国民に渡す余裕はありません。

ベーシックインカムを導入するには、税金を上げるなどする必要があります。

でも、どの税金をどれぐらい上げるかって話ですよね。

所得税を上げるべきなのか、消費税を上げるべきなのか。

そこらへんは今国会議員達が血眼になって話し合っている最中だと思います。

2.企業がリストラをしやすくなる

ベーシックインカムを導入すると、起業がリストラしやすくなる可能性があります。

リストラしてもその人は生活できる訳ですからね。特に罪悪感なく首を切れます。

いくら生活できるとはいえ、「この会社で頑張りたかったのに……」と思う人も多いはず。

後、リストラされて「社会に必要ない人間だ」と言われている気になって辛くなる人も多そう。

3.メンタルを病む人が増えそう

これは自分の予想なのですが、メンタルを病む人が増える気がします。

さっきのリストラに関してもそうです。「お前は働かなくて良い」と言われるのはきつい。

後、最低限の生活が保障されているため、「好きなことで稼ごう」と思う人が増えてきます。

たとえば、youtuberとか。

でも、youtuberとかって炎上したりとか、再生数が伸びず落ち込んだりとかするじゃないですか。

youtubeに限らず、好きなことをやろうとすると、そこで評価されなくて過剰に落ち込むことはあります。

そうなると、メンタル的に辛くなってくる人も多いのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、ベーシックインカムを導入するとニートは増えるのか、というテーマで書きました。

結論を言うと

ベーシックインカムを導入してもニートは増えない
ただし、そもそもベーシックインカムは現状導入が難しい

という感じです。

まあ、ベーシックインカムやっても財源足りないよね、って思います。

ただ今後各国でベーシックインカムの成功例が出てくると、日本も導入しようと考え、税制をいじるなとするかもしれません。