プログラミング

webデザイナーとコーダーの違いとは?仕事内容・必要なスキルを解説

森 パソコン

「webデザイナーとコーダーの違いってなんなの。求人に「webデザイナー募集」って書いてあったけど、仕事内容がコーダーのような気がする」

本記事ではこのようなお悩みを解決するものとなります。

webデザイナーとコーダーは確かに紛らわしく、web系以外の人は混同しがちです。

本記事ではwebデザイナーとコーダーの違いを詳しく解説していきます。

加えて、それぞれの職種で必要なスキル・知識にも触れていきますね。

これからwebデザイナーやコーダーを目指す方の参考になるように書いていきます。

一般論:webデザイナーとコーダーの違い

一般的には、webデザイナーとコーダーは以下のように定義されます。

webデザイナー……サイトのデザインをする人。IllustratorやPhotoshopを使って見た目を作っていく
コーダー……webデザイナーが作ったデザインを元に、コーディングをする人。HTMLやCSSを使って、実際にwebサイトをweb上に表示させていく

ぶっちゃけ明確に区別されていない場合も多い

ですが、これはあくまで一般的な定義。

実際の現場では2つの仕事が明確に区別されてない場合も多いです。

webデザイナーとコーダーを兼任している人もいます。

また、コーダーでありながらwebデザインの部分的に考える人もいますね。

求人票にも「webデザイナー」の募集であっても「HTMLの知識必須」などと書かれているのはそのため。

明確に区別されていない場合が大半なのです。

なので、実際の仕事内容については、会社説明会などで質問する必要があります。

webデザイナーに必要なスキル3つ

webデザイナーに必要なスキルを3つ挙げます。

1.Photoshop、Illustrator
2.ディレクションスキル
3.HTML、CSS

1.Photoshop、Illustrator

PhotoshopやIllustratorと言った製品を使いこなすスキルが求められます。

Photoshop……写真やイラストの加工を行う
Illustrator……イラストの作成を行う

どちらもwebデザインを行うには欠かせないツールです。

ツールの使い方は独学でも十分取得は可能。

使い方のドキュメントはネット上に多くあるので、それらを見ながら勉強しましょう。

2.ディレクションスキル

ディレクションとは、プロジェクトの進捗管理や業務指示を行うこと。

webデザイナーはプロジェクトの中心人物とまではいきません。

中心人物には「webディレクター」という別の職種の人がつきます。

ただwebデザイナーもディレクターの傍らでリーダーシップを取られないといけないケースがあるのです。

コーダーに作業指示を出したり、ディレクターに作業進捗を報告したり。

こういったディレクション業務ができるwebデザイナーは、高く評価されます。

3.HTML、CSS

HTMLやCSSも習得しコーディングできるようにしておきたいところ。

コーディングは厳密にはコーダーの仕事ですが、さっき言った通りコーダーの仕事をwebデザイナーが兼任することもあります。

また、HTMLなどがわからないとコーダーと意思疎通が取れなかったり、コーディングが難しいサイトをデザインしてしまうことも。

HTMLやCSS基礎だけでも良いので、習得しておきましょう。

コーダーに必要なスキル3つ

コーダーに必要なスキルを3つ挙げます。

1.HTML、CSS
2.Javascript、jQuery
3.Sass

1.HTML、CSS

コーダーならHTMLやCSSのスキルは欠かせません。

HTMLやCSSはwebページを作る上で、最も基本的なツールです。

正確かつスピーディーに、効率的なコードが書けるようになると、コーダーとしての格も上がります。

2.Javascript、jQuery

「動的なサイト」と言われるアニメーションなどの動きのあるサイトを作るのには、Javascriptが必要です。

Javascriptはプログラミング言語の1つ。サイトに表示する情報をJavascriptで組み立てていきます。

jQueryとは、Javascriptを簡単に書けるようにと作れたライブラリです。

ライブラリとはプログラムのパーツのようなもの。

jQueryを使えば、コードを書くスピードがアップします。

今ではjQueryを使っているサイトが多いので、jQueryも習得しておきたいところ。

ただ、この2つは結構難しいです。

まずはHTMLとCSSを覚えることに専念しましょう。JavascriptとjQueryはその後でも問題ありません。

3.Sass

SassとはCSSを簡単に書けるようにと作れた言語です。

jQueryのCSSバージョンみたいなイメージですね。

最近ではwebサイト制作のスピードが重視され、よりスピーディーに書けるSassが用いられることが増えてきました。

Sassでは演算や変数、関数の処理が行えます。

CSSを長々と欠かなくても、Sassで記述をひとまとめにすることができるのですね。

Sassは正直HTML未経験者はまだ習得する必要はありません。

HTMLとCSSを理解し、簡単なwebサイトを作れるようになってからでも遅くないです。

まとめ

本記事では、webデザイナーとコーダーの違いについて解説しました。

実際の現場では、明確に区別がされていることは少ないです。

そのため、webデザイナーの仕事、コーダーの仕事どちらもできるのが理想ではあります。

ただ、どっちも身につけるのは大変ですので、まずはどっちかに絞ってスキルを身につけていきましょう。