プログラミング

フリーランスエンジニアは在宅で働ける?少ないリモート案件の獲得方法

猫 パソコン

「フリーランスエンジニアになりたいけど、在宅で働けるの?なんか、フリーランスになっても結局会社行かないと駄目って聞くんだけど」

本記事はこのような悩みを解決するものです。

フリーランスエンジニアになりたい方は、やっぱり在宅で働きたいですよね。

せっかく独立したのに会社に行っては、サラリーマンと変わらなくなってしまいます。

しかし、エンジニアの仕事は出向しないと駄目なケースも多いです。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアが在宅で働く方法をまとめました。

これからフリーランスを目指す方は、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスエンジニアは在宅で働ける

フリーランスエンジニアは在宅でも働けるのか。

結論から言うと、在宅でも働くことは可能です。

ただし、仕事の幅は少し狭まるかもしれません。

プログラミングの仕事であれば、在宅でもそれなりの数案件があります。

しかしSE・PMなどの上流工程の仕事となると、さすがに現場にいないといけません。

まあ、みんなを取りまとめる業務は在宅だときついですよね。

プログラマーとして働きたいなら、在宅ワークも可能です。

フリーランスエンジニアの仕事は常駐は多い

プログラマーなら在宅でも働けると書きました。

しかし現実的には、プログラマーでもリモートワークの仕事はそこまで多くはありません。

常駐の仕事の方が割合としては多めです。

「なんだ、やっぱり在宅で働けないのか」と諦める必要はありません。

数が少ないだけで、リモートでの仕事もあることはあります。

そして、リモートでの仕事を探すのにはコツがあります。

本記事ではそのコツを紹介していきますので、ご安心ください。

フリーランスエンジニアが在宅で働く具体的方法2つ

フリーランスエンジニアが在宅で働くには、以下の2つの方法を取るのがおすすめ。

1.クラウドソーシングを使う
2.在宅OKの求人が多いエージェントを利用

1.クラウドソーシングを使う

「クラウドワークス」や「ランサーズ」にはリモートワーク可の仕事がたくさんあります。

というか、ここにある仕事はむしろリモートワークが中心です。

クラウドソーシングは単価は安いものの、案件量が豊富なのがメリット。

中には、未経験でも獲得できる案件もあります。

食べていくだけの報酬額なら達成できますね。

ただ、やはり高収入を得るとなると、いつまでもクラウドソーシングを使っていけは厳しいです。

クラウドソーシングを最初は使いつつ、他からも仕事を徐々に獲得していきましょう。

2.在宅OKの求人が多いエージェントを利用

2つめはフリーランス向けエージェントを活用する方法。

エージェントに登録すると、コーディネーターが案件を探してきてくれます。

そして、企業との連絡も行ってくれるのです。

自分で営業をする必要がなく、簡単に案件を取ってこれるので、注目が集まっています。

エージェント経由で取れる案件は、クラウドソーシングのものよりも報酬が高めです。

エージェントにも色々な種類があり、常駐案件しか取り扱っていないものや、リモートワークを多く扱っているものもあります。

リモートワークを多く扱っているエージェントを利用すれば、在宅で働く夢がかないやすくなりますね。

在宅案件が多いフリーランスエージェント3つ

クラウドソーシングを使うのも良いですが、高収入を目指すならエージェントも活用したいところ。

ここでは、「在宅案件が多いフリーランス向けエージェント」を3つ紹介します。

1.CODEAL
2.クラウドテック
3.REMOTE STYLE

1.CODEAL

全体の40%がリモートワーク案件というエージェントです。

高年収を狙える案件が多いのも強み。

リモートワークをしたいなら、まず登録したいエージェント。

企業からスカウトを受けられる仕組みもあります。

スカウトを受けた企業からは、仕事を獲得できる確率が高いです。

他にも、「確定申告シミュレーター」があるなど、見どころがたくさん。

2.クラウドテック

クラウドテックはクラウドソーシングのクラウドワークスと同じ会社が運営しているサービスです。

クラウドワークスと同様に、リモートワークの案件が豊富。

報酬額は正直そこまで多くはありませんが、自由が働き方を推奨している会社のため、週2、3日の案件も多いです。

加えて、支払いサイトが15日と短いなど、メリットかたくさんあります。

リモートワークをしたいなら、ここも登録しておきたいところ。

3.REMOTE STYLE

名前の通り、リモートワークの案件に特化したエージェントです。

リモートワーク特化のエージェントはほとんどないので貴重。

フリーランスの方だけでなく、地方在住の主婦の方にも人気です。

プログラマーだけでなく、マーケティングな営業事務など職種は様々な。

web系の仕事をリモートでしたいなら、登録しておきたいエージェントです。

フリーランスエンジニアが在宅で働くメリット4つ

そもそも在宅で働くメリットってなんだろう。

ここではメリットを4つまとめてみました。

1.通勤のストレスから解放される
2.どこで働こうが自由
3.働く時間も自由
4.子育てしながら働きやすい

1.通勤のストレスから解放される

在宅で働けば、通勤をする必要がありませんね。

通勤時間がなくなり、その分他のことに時間を使えます。

満員電車の苦痛からも解放されるのも嬉しいですね。

通勤のストレスから解放されれば、生産性もアップします。

2.どこで働こうが自由

在宅ワークなら、どこで働こうが文句は言われません。

自宅で働くのも良いですが、カフェやファミレスで優雅に働く人もいます。

ファミレスならドリンクバーでコーヒーを飲めるので集中して作業することが可能です。

どこで働いても自由というのは、まさにフリーランス特権という感じ。

3.働く時間も自由

在宅ワークなら、働く時間も縛られません。

極端な話1日3時間しか働かなくても、文句は言われない訳です。

また、眠くなったら昼間にがっくりお昼寝したって構いません。

ただ、会社と電話やメールのやり取りもするので、完全な昼夜逆転生活はできないです。

働く時間も自由なのも、人によっては大きなメリットですね。

4.子育てしながら働きやすい

子育てしながら働けるというのもよいことですね。

特にエンジニアの場合、忙しくて中々子供に構ってやれないケースもあります。

リモートワークなら、家族との時間も大切にすることが可能です。

フリーランスエンジニアが在宅で働くデメリット4つ

さて、メリットを紹介してきましたが、在宅で働くのはよいことばかりではありません。

デメリットもあるので紹介します。

1.セルフコントロールが必要
2.常駐案件に比べると単価は低め
3.実績がないと在宅で働くのは難しい
4.情報漏洩に気をつけないといけない

1.セルフコントロールが必要

在宅で働くと確かに自由が得られますが、その分自己管理能力が求められます。

いくら自由とはいえ、仕事には納期があり、その日までに終わらせないといけません。

だらだら生活していて、納期を守れないことがあれば、仕事がもらえなくなります。

セルフコントロールできないと、在宅で働くのは厳しいと言えますね。

2.常駐案件に比べると単価は低め

在宅で働く場合、どうしても報酬額は低めになります。

というのも、プログラマーの仕事はあるけど、SEやPMなどの上流工程の仕事がないから。

下流工程の仕事は、報酬額が低く設定されているんですね。

リモートワークで働きたい人は、高年収を犠牲にしても良いか考えましょう。

3.実績がないと在宅で働くのは難しい

在宅で働くには、ある程度実績が必要になります。

実績がないと、会社側も安心してリモートで仕事を任せにくいから。

特にエージェントを活用する場合は、実績がないとコーディネーターから在宅の仕事を紹介されないこともあります。

クラウドソーシングだったら、未経験でもできる仕事はあるのですが、報酬額が低めです。

いきなり在宅で働くことを目指すよりも、まずは常駐で働いてみるのも良いかもしれません。

4.情報漏洩に気をつけないといけない

カフェやファミレスで働く場合、情報が外部に漏れることは気をつけましょう。

情報が漏れると、損害賠償を支払わないといけないケースも。

情報漏洩を心配して在宅ワークを禁止している会社も多いです。

情報漏洩が気になるなら、自宅以外で働かないようにしたほうが良いかもしれません。

まとめ

本記事では、フリーランスエンジニアが在宅で働く方法、について解説しました。

在宅で働くのは、報酬額が低めだったり、実績が必要だったり、デメリットもあります。

とはいえ、在宅で働くのはフリーランスだったら出来ればそうしたいところ。

好きな場所で好きな時間に働くのはやはり魅力的ですね。

在宅勤務中心のエージェントやクラウドソーシングを活用すれば、在宅で働くのは不可能ではありません。

本記事に書かれたことを参考にして、在宅勤務エンジニアを目指してみてくださいね。