転職

【経験談あり】情報系の大学からSE以外に就職する方法

mac パソコン

「情報系の学部に入ったけどSEになりたくない。でも回りはみんなSEばかり狙ってる……。情報系ってSE以外の仕事につけないのかな」

本記事ではとこのようなお悩みをもった方が対象となります。

確かに、情報系はSEに就職する人が多いです。

SE以外に就職するのが簡単かと言われると、正直難しいところ。

というのも、たとえば文系職の面接を受ける場合「なんでこの職種にしたの?」って聞かれるんですよね。

また、「大学で学んだことをどう活かすの」って聞かれたときに、答えにくいのも事実です。

しかし、中には情報系からでも就職しやすい職種もあることはあります。

ただ、マイナーな職種が多い、普通に転職サイトで探していくと、中々見つけられないです。

そこで本記事では、そんな職種たちをまとめてみました。

SEになりたいない情報系の方はぜひよんでみてくださいね!

情報系に入ったものの、プログラミングが嫌いな人はたくさんいる

情報系の大学に入ったものの、プログラミングが好きになれない人はたくさんいます。

プログラミングが基礎の部分てつまずくと、後は全て理解することができません。

そのため、できる人とできない人ではっきりと分かれるんですよね。

自分もプログラミングに最初の段階で躓いてしまいました。

プログラミングが嫌いだと、SEを続けるのはちょっと厳しいです。

というのも、特に新入社員の場合は最初はどうしてもプログラミングを行います。

なので、プログラミングを好きでないと、続かないんですよね。

情報系は、SE以外に就職できる職種は少ない

とはいえ、情報系はSE以外に就職できる職種は以外と少ないもの。

よく「情報系で勉強した分野はいろんな職種で使える」という人がいます。

たしかにそのとおりかもしれません。今どきパソコンを使わない仕事なんてほとんどないですし、情報系で学んだことは、営業職でも企画職でも活かせます。

ただ、企業側からしてみれば、「いやプログラミング勉強したならSEになってよ」って思うんですよね。

っていうのも現在SEはかなり人手が不足しています。

そのため、できる人にやって欲しいとみんな思っているのです。

新卒で就職できる職種は、SEと営業が多い

リクナビやマイナビなどの求人サイトを見ている人は分かると思います。

「あれっ、新卒から就職できる仕事ってほとんどSEと営業ぐらいじゃないか」と。

企画職や事務職などの求人はほとんどありません。

だいたい新卒はこの2つの職種を選ぶ人が多いんですよね。

確かにこの2つの職種は現在人手が不足しており、企業が優先的に採用したいのもわかります。

ただ、「SEにも営業職にもなりたくない人はどうすれば良いんだ」って話ですよね。

SEや営業職以外の仕事を見つけるな、大手求人サイトからいったん離れることをおすすめします。

なにもそういったサイトからでしたら応募ができないわけではありません。

企業のホームページから直接応募できることもありますし、ハローワークも活用するのもありです。

「情報系だけどSEになりたいない!」という人は、他の人と同じことをやるのでは厳しい。

マイノリティーはマイノリティーらしくいきましょう。

情報系の勉強が嫌いな人が目指したい6つの就職先

それでは、情報系の勉強(プログラミングなど)が嫌いな人が、目指した方が良い職種を紹介します。

これらの職種は、求人数もそれなりにある上に、情報系で学んだことも、そこそこ活かせるのでおすすめです。

1.webデザイナー
2.テクニカルライター
3.セールスエンジニア
4.社内SE
5.公務員
6.事務員

1.webデザイナー

webサイトのデザインを考え、コーディングをしていく仕事です。

プログラミングは苦手だけど、webデザインなら好きという方は多いのではないでしょうか?

クリエイティブな仕事にしてはwebデザイナーの求人数は豊富です。

webデザイナーはhtmlやcssの知識が必要な場合が多くIT系で学んだスキルを活かせます。

プログラミングが嫌いな方もhtmlぐらいだったらなんとかできる人も多いです。

ただ、webデザイナーは激務な職種も多いので、職場を見分けるのはちゃんとしたいところ。

webデザイナーはスキルを身につけると独立も可能です。

webデザイナーだったら情報系から就職する人もそこそこいますし、おすすめ。

2.テクニカルライター

テクニカルライターというのは、IT製品は電化製品の説明書を書く仕事です。

IT知識がないと説明書は書けませんので、これも選考を活かした職種ということ。

テクニカルライターはプログラミングは全くやらないので、プログラミングが嫌いな方におすすめです。

求人数もまあまあの数ありますし、新卒から就職するのも不可能ではありません。

ライター職ですので、書くのが好きであることは求めれません。

ただ、他のライティングと違って、文才は必要ないです。

テクニカルライターに必要なのは、わかりやすく、統一感のある文章をかくこと。

そしてこういった文章を書くのは、理系の方が向いていたりします。

ただ、たまに英語力が必要な場合があるので、そこだけ注意しましょう。

マニュアルを英語に翻訳したりとか、そういう仕事があるのです。

3.セールスエンジニア

メーカーやIT企業で、自社製品の技術的な説明をしながら営業を行う人をセールスエンジニアといいます。

理系の専門知識があればあるほど、自社製品の説明はうまくできるので、情報系は重宝される仕事です。

営業職なので求人数も多く、この中ではなるのが一番簡単かもしれません。

営業の仕事に抵抗がないなら、セールスエンジニアを目指すのもよいです。

4.社内SE

社内SEとは、普通のSEとは全く違う業務を行います。

プログラミングではなく、社内のパソコン環境を整えたり、トラブルを解決したりする仕事です。

他にも、自社製品に関するクレーム電話に対応したりします。

会社の身の回りのお世話をする仕事であり、パソコンの知識がある人が求められます。

SEから脱出したい人は、よく社内SEを目指しています。

ただ、新卒の求人は結構少ないので、なるには難しいかもしれません。

まずはSEになって後から社内SEを目指すのも手です。

5.公務員

公務員になるのも全然ありです。

公務員なら学部はそこまで影響しません。

試験に合格できる学力があることが求められていきます。

公務員試験はめちゃくちゃ難しいというわけではありません、全く勉強しないで受かるものではありません。

参考書を購入して、しっかり対策を立てていく必要があります。

なので公務員を目指す方は、最初から公務員1本に絞る方が多いですね。

公務員を目指すのであれば、はやめに決断をして勉強をはじめるようにしましょう。

6.事務員

事務職もわずかではありますが、新卒を募集していることがあります。

パソコンを使った書類作成などは、情報系で学んだことを十分に活かせます。

他の部署よりも残業が少ないことが多い、自分の時間を過ごしやすいです。

ただその分給料が低いことが多いんですよね。

事務職につくのも選択肢の一つです。

就職が難しいなら、フリーランスになるのもあり

上記で挙げた職種はおすすめですが、必ずなれるわけではありません。

もしかしたら就職ができず、結局SEを目指すことになる人もいるでしょう。

しかし、SEに無理してなるよりも、自分はフリーランスになることをおすすめします。

「いやフリーランスってできる人がやることだろ」って思うかもしれませんが、そんなことはありません。

確かに社会人からフリーランスにいきなりなるのは難しいです。

というのも、仕事を普通にこなしながら、フリーランスになるための準備をする時間はないから。

しかし学生時代から準備をしておけば、フリーランスになるのはそこまで難しくはありません。

時間のある学生時代から準備をしておくのがおすすめです。

未経験からフリーランスでできる4つの職種

未経験からでもフリーランスになれる職種を4つ紹介します。

1.webライター
2.データ入力
3.サイト制作
4.動画編集

これらの仕事は学生時代からやっていけば、就職する頃にはそこそこ稼げるようになっているはず。

準備は早めにやっておきましょう。

1.webライター

クライアントに頼まれた記事を書く仕事です。

webライターは未経験でも狙い安い職種。

文章力もそれほど重要視はされません。

未経験でもできる仕事が多く、まずフリーランスとして活動したい人にはぴったりです。

自分もwebライターをやっていますが、月収40万円に到達しました。

稼げるまで時間がかかるのは確かですが、少しずつやっていけば稼げるようになる仕事です。

2.データ入力

クライアントから渡された画像に書かれた文字を打ち込んだり、まとめたりする仕事です。

録音された音声データを文章におこすこともあります。

比較的簡単な作業な分、報酬額は少なめです。

稼いでいくには、たくさん文字を打ち込んでいくことが必要ですね。

でも情報系の学生なら、タイピンク速度は早い人がおおいはず。

きっとデータ入力でも慣れれば稼げるようになりますよ。

3.サイト制作

htmlやcssを使って、サイトのコーディングをしていく仕事です。

webデザイナーと違って、サイトデザインは考える必要はなくクライアントが用意してくれます。

サイトデザインを見て、ただhtmlを打ち込んでいけばよいのです。

プログラミングならできないけどhtmlならなんとか……という方はぜひチャレンジしてみましょう。

報酬額はライターやデータ入力より高めなので、おすすめです。

ただ、完全に未経験だと仕事を獲得するのは難しいケースも。

仕事を獲得する前に、なんでもよいので自分でサイトを作っておきましょう。

クライアントに「こんなものが作れますけどどうですか」といって見せれば、仕事を獲得できる確率がアップします。

4.動画編集

youtubeが現在流行しており、動画編集を依頼してくるyoutuberもたくさんいます。

動画編集とは、動画に文字を入れたり、間延びしている部分を削ったりする仕事です。

ある程度のスキルがいる仕事ですが、動画編集の勉強方法はネットにたくさん転がっています。

無料で勉強することができるので、現在おすすめの仕事です。

報酬額もそこまで悪くなく、時給2000円くらい稼げる人もいます。

また、動画編集の仕事をこなしていけば、自分もyoutuberとして活躍できるようになるかもしれません。

色々可能性を秘めた仕事で、現在注目度が高まっています。

情報系の勉強が嫌いでも情報系に入ってしまう4つの理由

情報系の勉強が嫌いでも、情報系の大学に入ってしまう人って結構多いんですよね。

自分もそうでした。

なんで、情報系の大学に入ってしまう人が多いのでしょうか。

その理由は、以下の4つにあると思っています。

1.就職に有利だから
2.国公立大学の場合、偏差値が他の学部より若干低い
3.世界史が苦手
4.小さい頃は算数・数学が得意だった

1.就職に有利だから

情報系は就職に有利というイメージが未だに強いんですよね。

確かにSEにはなりやすいです。

そしてSEの求人は山のようにあります。

しかしそれ以外の仕事に就きやすいかと言われると微妙なんですよね。

情報系=就職有利というのは、そんなことはないだろ! と思います。

2.国公立大学の場合、偏差値が他の学部より若干低い

国公立大学は学費が安いので、目指す方が多いです。

国公立大学の場合は、情報系の偏差値が他の学部より少し低いんですよね。

だからどうしても国公立大学に入りたいという人は、情報系を選んでしまいがちなんです。

なかなか大学受験のときに、大学に入った後のことを考えるのは難しいですよね。

3.世界史が苦手

世界史が苦手という理由は、文系よりも理系の道を選ぶ人は多いです。

世界史は暗記しないといけないことが多く、苦戦する人がいません。

日本史と違って、中学で勉強しないない点も厄介。

世界史の定期テストで赤点ギリギリを取ってしまい、文系を断念する人もいます。

しかし、別に文系だからといって世界史は必須ではないんですけどね。

4.小さい頃は算数・数学が得意だった

算数・数学が得意だから、情報系を選ぶ人は多いです。

情報系の入試試験は数学の配点が高い場合が結構あるんですよね。

そのため数学が得意だと入りやすい学部なんです。

小さいころ公文式なんかに通っていたりして、算数がすごく得意だった人も多いのではないでしょうか?

しかし算数・数学ができるからといって、情報系でやれるわけではありません。

本当にプログラミングに関する簡単な試験を、大学入試のときに導入すれば良いんですけどね。

最近プログラミングを小学生から導入しようみたいな話が出てきてますし、いずれ大学入試がプログラミングが課される日も近いかもしれません。

プログラミングが課されれば、本当はプログラミングが苦手なのに情報系に入ってしまった、ということがなくなりますね。

結論:周囲の目は気にするな

情報系はSE以外の職種には確かに就きにくいです。

しかし、全く不可能というわけではありません。

自分も情報系出身ですが、今ではwebライターをやっています。

SE以外の職種につくコツはとにかく周囲の目を気にしないことです。

「周りがみんなSEだから自分も……」みたいな考えは捨てましょう。

他の人と違う道を行くんだ、ということを意識すれば、SE以外に就職は可能です。