趣味

M-1グランプリ2019年感想。ミルクボーイが優勝した年はどうだった?

お笑い 男性

本記事ではm-1グランプリ2019の感想を書いていきます。

いや、今更と思うかもしれませんが、まあ良いじゃないですか。

自分はm-1が結構好きで、Amazonプライムで2001年から最近のまで全部観ています。

お笑いファンとしてはm-1の記事は書くべきだと思っていました。

感想:2019年のM-1は異常にレベルが高かった

2019年のm-1はレベルが本当の高かったです。

過去最高かどうかはわかりませんが、とにかく全組受けていた印象ですね。

特に最高得点を叩き出したミルクボーイは死ぬほど面白かったです。

一つ一つのボケが全部ハマっていた感じで、とにかく圧巻でした。

ここまで受け続けることって、あんまりなかったですよね。

決勝メンバー10組の感想を1つずつ

決勝メンバー10組の感想を1つずつ書いていこうと思います。

なお、決勝メンバーの漫才は何回も観直しています。

1.ニューヨーク

どちらかというと、『皮肉』を主軸としたネタが多いニューヨークですが、今回は歌ネタでした。

ラブソングを作ってきた相方の歌を、ひたすら突っ込んでいくスタイルです。

トップバッターなので会場もまだふわふわしていましたが、それでもかなり受けていた印象でした。

特に『れいせい〜』のところと米津玄師のマネをするところが面白かったですね。

彼らの武器である『皮肉』は今回のネタではずいぶん抑えられていました。

「Lineが既読にならないことに大喜びする」など要所要所は入れていましたけどね。

それは、昨今の時代背景的なものが大きかったのではないかと思います。

皮肉を言うなどすると、差別的と捉えられてしまい、炎上することが多いんですよね。

そして観客も「これ炎上するんじゃ……?」って心配になってしまって、笑えなくなってしまうことがあるのです。

なんでニューヨークみたいな芸風の人は、悩んでいるんだろうなあと思います。

審査員の1人が「もっと偏見ツッコミが聞きかった」と言っていましたが、本人達も本当はもっと偏見・皮肉を入れたかったんだろうなあと感じました。

2.かまいたち

かまいたちはUFJのネタを持ってきました。

このネタは鉄板ネタで、過去にテレビでもやってて、審査員の人も「観たことがある」と言っていましたね。

それでも、ここまで受けるというのは、凄いなあと思います。

たぶん観客の方も、このネタを観たことある人多いと思うんてすよ。

何回観ても笑えるネタって中々ないですよね。

UFJのネタは、ボケの人がちょっとしたミスをツッコミになすりつけるというもの。

最後らへんには、「何を言ってるかわからない」という現象で笑いを起こす、という高度なことをやっていました。

3.和牛

続いて敗者復活で上がってきた和牛です。

和牛といえば、ここ数年は「前半の伏線を後半で回収するネタ」が主流でした。

今回もどちらかと言えばそっち系統のネタです。

前半で「すでに人が住んでいる物件を紹介される」というボケをし、後半で「人が住んでいない家ならなんでも良いや、とツッコミでボケを肯定しまくる」という感じでした。

和牛は敗者復活から観ていましたが、テンポ感というかリズムカルな感じがするんですよね。

特に今回のネタはテンポが早くてスピーディーに思えました。

毎回違うパターンのネタを出してくるのって凄いと思います。

4.すゑひろがりず

全然違うパターンのネタがここできました。

漫才で小道具を使うというのは、賛否両論あるんですよね。

漫才はマイク一本でやるから漫才なのであって、小道具は使ってはいけないと。

でもm-1のルール上は「ちょっとした小道具を使うのはアリ」となっているんですよね。

後、小道具は小道具でも「楽器はアリ」と考えている人は多いです。

というのも、従来漫才は楽器を使うものが主流だったからですね。

すゑひろがりずも結構受けていました。

ただ、和牛やかまいたちには受けの量では劣っていた印象です。

小道具を使うのがアリとはいえ、「小道具を使うのであれば、使ってない組より受ける必要がある」のかなあと思いました。

審査員の点数もそこまで伸びてなかったです。

ただ、面白かったのは事実で、特に「関白遊び」の下りがめちゃくちゃ笑いました。

5.からし蓮根

からし蓮根は教習所のネタでした。

このネタすごい面白くて、好きだったのですが、あんまり受けてはいなかったんですよね。

いや受けてはいたんですが、前に観たときの方がもっとドカドカ受けていました。

すゑひろがりずの後で地味に移ってしまったのもあるのかなあと思いましたね。

「やむを得ない運転」とかもっとウケると思ったんですけどね。

最後のバックのところはさすがにウケていました。

「緊張していた」と言う意見と「本調子だった」という意見がありましたが、どっちだったんでしょうね。

でも本調子だったような気がします自分は。

普段よりウケてなかったのは、手順だったり会場の空気だったりの問題な気が。

6.見取り図

お互いの見た目をいじり合うネタでした。

ここもめっちゃ受けてましたよね。

見取り図はワードセンスが独特なんですよね。「みさえ」とか「生徒に手を出すタイプの数学教師」とか。

ワードセンスで笑わせる漫才師って少なくなっていて、どちらかというと構成重視が増えてきたので、貴重だなあと思いました。

ただ、見取り図はネタの構成も考えられていた、最後に「●●って何ー?」って伏線を回収するんですよね。

ただ単に見た目いじりをするだけでなく、こういうのを入れて単調にならないようにしていると感じました。

7.ミルクボーイ

ミルクボーイは最高得点を叩き出していましたね。

コンフレークのネタは、m-1のネタの中でもトップクラスに受けていたと思います。

あるあるネタと偏見の繰り返しで笑いを取っていました。

ミルクボーイのネタはフォーマットが決まっており、素人でも真似しやすいんですよね。

自分もミルクボーイの形式のネタは考えました。

でも、あそこまで面白くはできないんですよね。

「晩ごはんにコンフレーク出てきたらちゃぶ台ひっくり返す」とかそういうキラーフレーズは素人には思いつかないです。

8.オズワルド

ミルクボーイの後で、こういう静かな漫才は不利なのかなあと感じました。

でも、後半に行くに連れてどんどん受けていましたね。

高速寿司捨てマシーンとかキラーフレーズが光っていました。

オズワルドは3回戦でやっていたネタが凄い好きでした。

想像の子供を育てる、みたいな感じの。

オズワルドとからし蓮根は今後m-1の常連になる、みたいに言われていますよね。

ネタのフォーマットは決まってるけど、お客さんに飽きられにくいんですよね。

だからまた来年も来るって言われるんだと思います。

9.インディアンス

インディアンスの漫才は予選で1番受けていたらしいです。

毎年準決勝では1番受けていると聞きます。それでも中々審査員には評価されず、決勝に上がってこれませんでした。

今回もかなり受けてはいました。会場受けなら、ミルクボーイ、かまいたちに次ぐぐらいだったかと。

特に、最初のコントインしたときの最初のボケの爆発力がエグかったです。

ですが審査員からはあまり評価を受けず、結果は9位でした。

聞いた話だと、ネタ途中で飛ばしていたみたいですね。

でも低評価の理由は、それだけじゃなかったのかなあと。

インディアンスのネタはボケが会話を無視してボケまくるという展開が多いんですよね。

たぶんそれがプロから見ると、突発的に思えるのかなあと思います。

こっちからすれば、笑わせてくれればなんでも良いんですけどね。

10.ぺこぱ

ツッコミの基本は、ボケを否定することだと気付かされました。

ぺこぱはボケを否定すると見せかけて肯定するという全く新しいスタイルです。

これがめちゃくちゃハマっていました。

「ツッコミの人のキャラ要らなくない」と思われがちですが、あのキャラがないと違和感が生じる気がします。

最後の「急に正面が変わったのか」はスタイルを活かした大ボケでここが1番面白かったです。

ぺこぱのツッコミは今までにない感じで、審査員にも高評価でした。

来年どうするのかなあっていうのが気になります。

このスタイルでまた行くとウケないので少し変えてくる気がしますが、どう進化させるべきか検討がつかないんですよね。