作業

【新手法】ポモドーロでも集中無理な時は『ショート版ポモドーロ』がおすすめ!

腕時計

「ポモドーロ方法を使っても集中できない。25分も作業すると思うと、腰が動かない」

本記事ではこのようなお悩みを解決します。

ポモドーロは25分作業して5分休憩を繰り返すテクニックのこと。

集中力を持続させやすい方法として定着し、多くの人が使っています。

ポモドーロの利点は「とりあえず25分間だけなら作業してみるか……」と考えられること。

作業というのは、始めるときは1番エネルギーが要るもので、ポモドーロはそのエネルギーを最小限に抑えてくれるんですよね。

ただ、やる気が出ない日は、鬱々としている日は、ポモドーロを使っても腰が動かないことも。

そんな方におすすめしたいのが、「ショート番ポモドーロ」というものです。

ショート版ポモドーロのやり方

やり方は簡単。

5分作業して1分休憩するを繰り返すだけ。

通常のポモドーロの1/5の作業・休憩を行っていきます。

短いスパンで作業を繰り返していくというもの。

ショート版ポモドーロの3つのメリット

ショート版ポモドーロのメリットは3つあります。

1.やる気がないときでもできる
2.ショート版をやっていく内に普通版のポモドーロをやる気になる
3.細かくて面倒な作業をするのに向いている

1.やる気がないときでもできる

「とりあえず25分集中するか」ができない場合でも「とりあえず5分なら集中するか」はできることがあります。

やる気が出ないときでも可能なのが、ショート版のメリットです。

5分間だけなら、腰を動かそうという気が起きますよね。

2.ショート版をやっていく内に普通版のポモドーロをやる気になる

人間というのは、作業していくうちにやる気が出てくるもの。

ショート版をやっていく内に、「25分間の作業もできそうだな」と思えてきます。

そう思えてきたら通常版のポモドーロに以降しましょう。

通常版の方が作業効率は上ですので、切り替えられるのなら切り替えた方が良いです。

3.細かくて面倒な作業をするのに向いている

ショート版ポモドーロを使えば、細かい作業をテンポ良く行えます。

仕事をしていると、「主要な作業ではないけど、細かくて面倒な作業」ってありますよね。

書類の整理やエクセルまとめなど……。

こういった細かい作業をするときにも、ショート版ポモドーロが使えます。

細かくて面倒な作業は中々やる気になれず、ついつい後回しにしてしまいがち。

「いつでもできるしいいか」って考えてしまうんですよね。

後、主要作業を一旦中断して、細かい作業をやるのって、「作業のテンポ」が乱れてしまって嫌なんです。

ショート版ポモドーロを使えば、一定のリズムで細かい作業も行えて、楽しくなります。

ショート版ポモドーロの3つのデメリット

ショート版ポモドーロのデメリットも紹介します。

1.やる気がある状態ならこんなことしなくて良い
2.ストップウォッチがうるさい
3.ショート版ポモドーロを使っても作業できないときもある

1.やる気がある状態ならこんなことしなくて良い

そもそもやる気がある状態なら、ショート版を使う必要はありません。

5分作業して1分休憩するのは、あくまで「作業を始めるハードルを下げる」ためのもの。

作業効率的にはむしろよくありません。

気分が沈んでいた作業ができないとか、そういう日に使うのが正しいやり方です。

2.ストップウォッチがうるさい

5分間ごとにストップウォッチがなるので、周囲に迷惑をかけることもあります。

コワーキングスペースとか、公共の場でやるのは微妙ですね。

ただ、パソコンのストップウォッチなら、音を鳴らさずにアナウンスしてくれるものもあります。

3.ショート版ポモドーロを使っても作業できないときもある

「とりあえず5分間だけ作業するか」と思って始めて、結局5分間何もできないこともあります。

たとえば、文章を書こうと思っても1文字も書けないなど。

ショート版ポモドーロでも作業が手につかない場合、開き直って作業しないのもありです。

5分集中できない場合、体がリフレッシュを求めている可能性も高いので、素直に欲求に従いましょう。

あるいは、作業場所を替えてみるなど、気分転換が必要かもしれません。

まとめ

ショート版ポモドーロは、以下の状況のときに効果的です。

25分間も作業をする気力がない
細かくて面倒な作業がいくつかある

作業ができなくて悩んでいる方は、ぜひ一度お試しください。

逆に「やる気は全然ある」ような状態なら、ワザワザショート版ポモドーロを使う必要はありません。

あくまで「作業を始めるハードルを下げる」ためのものです。