転職

【まだ1年目】プログラマーの仕事を辞めたい場合の対処法

首輪 男性

「1年目だけど仕事を辞めたい。プログラマーの仕事がつらすぎる。でも、仕事辞めて大丈夫なのかな。最低でも3年は勤めるべきって言うし」

本記事ではこのようなお悩みを解決します!

プログラマーなったけど、残業が多すぎて辛い。

本当はプログラマーになりたい訳じゃないけど、なってしまった。

こういった方は今非常に多くなっています。

1年目であっても仕事を辞めたくなってもおかしくはありません。

辞めたい場合は、辞めてしまった方が良い場合が多いです。

たとえ1年目であっても、辞めてしまっても問題はありません。

とはいえ、世間の目もあるし、辞めるのは怖いですよね。

ついこの間就活をやったばかりなので、また転職活動するのも、嫌になってしまうもの。

そこで本記事では、入社1年目でも転職して良い理由もまとめました。

本記事を読むことで、「最低でも3年は勤めるべき」という常識が覆されますよ。

プログラマーの仕事を辞めたいなら1年目でも辞めて良い5つの根拠

1年目でもプログラマーの仕事を辞めてよい根拠は5つあります。

1.IT企業は人手不足で、転職先がたくさんある
2.第二新卒枠で転職できる
3.「とりあえず3年」はむしろ良くない
4.フリーランスで働くことだって可能
5.プログラミングの仕事で培ったものを他で活かせる

1.IT企業は人手不足で、転職先がたくさんある

現在IT企業は人手不足に陥っています。

1年目で辞めたとしても、転職先はいくらでもあるものです。

プログラミングができる人材というのは、今でも希少性があります。

「誰も雇ってくれなかったらどうしよう」と心配になることはありません。

2.第二新卒枠で転職できる

入社3年以内で転職する場合、第二新卒枠を利用できます。

第二新卒枠は今結構優遇されているんてすよ。

意外と、新卒時より条件のよい求人があります。

なぜ第二新卒が優遇されるのか。

それは、社会人としての基礎は一応身についていくからです。

教育にかかるコストが少なくて済むので、その分条件がよくなることがあります。

3.「とりあえず3年」はむしろ良くない

よく「とりあえず3年は勤めるべき」と言ってくる人がいます。

しかし、だらだらと3年間続けているのは、むしろ良くありません。

特にプログラマーという仕事は、自分で主体的なスキルを身につける必要があります。

やりたくもない仕事を続けても、そこまで意味はないのです。

第二新卒枠もあるので、別に3年間勤めなくても転職はできます。

4.フリーランスで働くことだって可能

「新卒の就活でめっちゃ苦戦したし、次の転職活動も苦戦するんじゃないか」

こんな不安も抱えている人もいますか。

たしかに転職活動は辛いもので、就活時にトラウマを植え付けられている人は多いです。

1年前に就活をやったばかりだと、辛い記憶も鮮明に残っているもの。

しかし、プログラマーという仕事とはよいもので、別に就職しなくても稼ぐことができます。

フリーランスとして会社を独立し、働くことも可能なのです。

「フリーランスって優秀なことがやることでしょ」

たしかに数年前ならそうでしたが、今は違います。

今はクラウドソーシングが発達するなど、キャリアがない人でも独立しやすくなっているのです。

もちろんフリーランスになると税金が増えたりデメリットもあります。

ただ、「フリーランスになる選択肢もある」ということは頭を片隅に入れておくと、転職活動で楽になることも。

「いざというときは独立すればよい」と思いながら転職活動するのは、精神的に楽です。

5.プログラミングの仕事で培ったものを他で活かせる

プログラマーの仕事は、意外と他の仕事でも活かしやすいんですよ。

プログラミングができるということは、パソコンスキルも一定以上あるということ。

今どきパソコンを使わない仕事なんてないですから、どんな仕事でも活用することができるのです。

そういう意味で、プログラミングができる人材というのは、どこでも引っ張りだこになっています。

プログラマーの仕事を1年目で辞めたくなる5つの理由

そもそもなぜプログラマーを辞めたいのか、理由は人それぞれ。

プログラマーを辞めたい理由に多いものは以下の5つです。

1.プログラミングが好きではない
2.残業時間が多い
3.プレッシャーがかかりすぎる
4.職場の雰囲気が悪い
5.将来に期待が持てない

1.プログラミングが好きではない

プログラミングが好きではないけど、プログラマーになってしまう。

こういったケースは結構多いです。

特に文系でプログラマーに転職した方には、転職先がなくて泣く泣くプログラマーになった人もいます。

プログラマーという仕事は一日中プログラミングをやるため、プログラミングが好きでないと続けるのは難しいです。

プログラミングが好きでもないのに無理して続ける必要はありません。

2.残業時間が多い

プログラマーは人手不足な分、一人の仕事量も多くなってしまいます。

残業時間や休日出勤も多くなってしまうんですね。

なかには一ヶ月80時間以上残業するケースも。

残業が多いと有意義な人生を過ごすことはできませんし、働きすぎると過労死に繋がることもあります。

ただ、プログラマーでも残業が少ない会社はあるので、根気よく探すことが肝心です。

転職前には企業の口コミを必ず確認したいところ。

3.プレッシャーがかかりすぎる

プログラマーはミスをすると、障害が発生するなど、会社にダメージを与える場合が多いです。

そのため、プレッシャーがかかりすぎてしまうこともあります。

部下のミスを上司がカバーできる体制があるなら良いですが、そうではない会社も多いです。

プレッシャーがかかりすぎると、うつ病になることもあり、よくありません。

プレッシャーがかかりすぎる職場からは逃げた方がよいです。

4.職場の雰囲気が悪い

職場の雰囲気が悪くて、転職したくなる人もいます。

たしかに職場の雰囲気ってあんまりよくないこともありますよね。

飲み会では愚痴ばかりなことも。

職場の雰囲気がよくない場合は、辞めてしまうのもありです。

5.将来に期待が持てない

将来に期待が持てない場合も、辞めてしまって構いません。

上司や先輩がため息を就きながら働いているのを見て、「この会社にずっといても未来があるのかな」って思うことがあります。

IT企業の場合会社の業績が右肩下がりというケースは少ないですが、自分自信の未来には期待が持たない場合はあるもの。

1年目でプログラマーを辞めた人が転職を成功させるコツは4つ

ここまで1年目で仕事を辞めてもよい理由を解説してきました。

しかしはじめての転職活動、色々と不安なことも多いはず。

面接に苦手意識を持っている方は、転職活動なんてしたくないと思っているかもしれません。

そこで、1年目でプログラマーを辞めた人が、転職活動を成功させるコツをまとめました。

以下の4つのことを意識すれば、第二新卒での転職成功確率がアップします。

1.転職エージェントを活用する
2.面接で前職の悪口は言わない
3.「なぜ転職したいのか」理由を明確にする
4.自信を持って転職活動する

1.転職エージェントを活用する

第二新卒で転職する場合は、転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントとは、担当者があなたの変わりに求人を探してきて、紹介してくれるサービスです。

担当者と面談を行い、自分の希望条件をまず言います。

そしたら自分の理想の求人をどんどんメールで送ってくれるのです。

こういったサービスがあること、ご存知でしたか。

転職エージェントは無料で利用できるのです!

転職エージェントは理由しないと損なので、ぜひ利用してみましょう。

2.面接で前職の悪口は言わない

中途採用の面接では前職の悪口は言わないことが基本です。

転職理由を聞かれたら、会社の悪口を言う人がいますが、面接官に悪い印象を与えるだけ。

愚痴が多いと「うちに転職してもこの人は不満を持つな」と思われがちです。

3.「なぜ転職したいのか」理由を明確にする

転職活動のときは「なぜそこを辞めたの」という質問を必ずされます。

その質問には最低限応えられるようにしましょう。

なお、面接に不安があるという方は、転職エージェントに頼めば面接練習を行ってくれます。

「ここはこうした方がよい」というアドバイスをプロの視点からやってくれるので、合格率がアップ!

面接が苦手という方も、転職エージェントを利用しましょう。

4.自信を持って転職活動する

最後ですが、自信を持って転職活動しましょう。

ここまで解説した通り、プログラマー出身はどこの会社でも欲しがっています。

たとえ1年しかやってなかったとしても、その経験は大きいものです。

胸を張って転職活動することをおすすめします!

まとめ

本記事では1年目で仕事を辞めたいプログラマー、をテーマを書いてきました。

プログラマーは1年目で辞めても問題はありません。

むしろその後の人生をより良いものとするためには、ずるずると続けているのはよくないです。

会社側にとっても目的意識もなく働き続ける人材は、よくないと考えます。

本記事で解説したことを参考に、転職活動を行ってみてくださいね。

まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職活動のための第一歩を踏み出しましょう!