プログラミング

pythonのメリット・デメリットとは?機械学習向きの言語って本当?

パソコン 腕時計

「pythonのメリットってある?なんか今流行っているって言われるけど、具体的に何が良いのかさっぱり。そもそもpythonで何が作れるの?『pythonでこれを作りました』っていう事例全然ないじゃん」

本記事ではこのような悩みを解決するものとなります。

pythonは現在流行っているプログラミング言語でありながら、正体不明な部分も多いです。

具体的に「pythonで何ができるの?」が気になっている方もいるのでは。

そこで本記事では、pythonでできること、pythonのメリット・デメリットを紹介します。

プログラミング未経験の人でも分かるように解説していきますね。

そもそもpythonとは?

pythonは、1991年にオランダの人が開発したプログラミング言語です。

スクリプト言語と呼ばれる種類で、簡単にコードが書けるように工夫されています。

中でもpythonは「誰が書いても同じようなコードになる」ようになっており、人気を集めているのです。

機械学習に向いている言語としても有名。

pythonは日本でも人気が高く、pythonを使っている現場も多いです。

pythonでできること3選

pythonでできること、作れるものを3つ紹介します。

1.機械学習
2.WEBアプリケーション
3.スクレイピング、データ集計

1.機械学習

pythonと言えば機械学習なくらい有名です。

機械学習を用いソフトウェア開発でpythonは活躍しています。

pythonには統計処理や数値計算を得意とする言語です。

そのため機械学習やディープラーニング開発には向いているとぽかます。

2.WEBアプリケーション

pythonはwebサービス・アプリを作ることにも使わえます。

例えば、SNSでお馴染みのインスタグラムもpythonが使用されているのです。

pythonには数多くのライブラリがあります。

ライブラリとは、アプリを作るときに必要なパーツのようなもの。

ライブラリがたくさんあると、パーツを自分で作らなくても既存のものを組み合わせるだけでよくなります。

pythonはwebアプリケーション作成にも向いている言語です。

3.スクレイピング、データ集計

webからデータを取り出してエクセルに集計する、なんてこともできます。

俗にスクレイピングなんて呼び方もしますね。

例えば、天気予報のデータをエクセルにまとめたい場合、天気予報のサイトから一々コピペするのは面倒です。

pythonを使ってサイトからデータを取り出し、エクセルに書き込むようにすると、作業を自動化することができます。

スクレイピングはpythonの便利さを初心者でも体験できるもの。

pythonを習得した場合はぜひやってみてください。

pythonの4つのメリット

pythonのメリットは以下の4つ。

1.初心者でも習得が楽
2.誰が書いても似たようなコードになる
3.「インタラクティブモード」が強い
4.ライブラリが充実

1.初心者でも習得が楽

pythonは初心者でも習得が楽です。

CやJAVAなどのプログラミング言語に比べ、理解が簡単なんですよね。

文法が単純だったり、覚えることが少なかったりします。

もちろん本格的な機械学習まで行うとなると大変ですが、さっき言ったスクレイピングは初心者でもすぐできます。

また、pythonは開発環境を構築するの容易。

JAVAなんか開発環境を構築するのが大変で、そこで挫折する人が多いですからね。

初心者に優しい言語として、pythonは親しまれています。

2.誰が書いても似たようなコードになる

pythonは誰が書いても似たようなコードになります。

初心者でも理解しやすいプログラミング言語には、他にphpやRubyなどがあります。

しかしこれらの言語は、人によって違う書き方ができてしまうのです。

書き方が共通されないと、他の人がコードを読むことに苦労するんですよね。

その点pythonは誰が書いてもだいたい一緒になるため、他の人も読みやすいです。

3.「インタラクティブモード」が強い

pythonのインタラクティブモードを使うと、文法や関数の使い方のチェックができます。

コードの書き方が間違っていると、コンピューターが丁寧に教えてくれるのです。

インタラクティブモードがあれば、初心者も楽々開発することができます。

4.ライブラリが充実

pythonはライブラリが充実しています。

特に統計や計算分野のライブラリが豊富で、機械学習に活かせるのです。

ライブラリがあれば自分でコードを書く必要もなく、スピーディーかつミスなく開発ができます。

pythonの3つのデメリット

pythonのデメリットは以下の4つ。

1.日本語の情報の少なさ
2.書き方が限定される
3.実行速度が遅い

1.日本語の情報の少なさ

pythonは欧米に比べて、日本では普及が遅れています。

そのため日本語の情報が少し少なめ。わからないところを調べるのに苦労するかもしれません。

ただ、最近ではpythonの書籍も増えてきましたし、それらを使って勉強できます。

また、progateやドットインストールなどのプログラミング学習サイトでも、pythonが勉強可能です。

日本語の情報は今後更に増えていくと推測されます。

2.書き方が限定される

pythonは誰が書いても同じようなコードになり、これはメリットである反面デメリットでもあります。

たとえば、「ちょっと試しにテストしてみるか」というときも、ちゃんとコードを書かないといけません。

書き方が限定されるのが煩わしいときもあります。

3.実行速度が遅い

pythonは実行速度が遅いこともデメリットです。

実行速度が遅いことから、ゲーム開発などには向いてないと言われています。

pythonは「動的型付き言語」でもあり、コードを単純に書けるようになっているのですが、その分速度が犠牲になっているんですよね。

コード量が少ない分、コンピューターが自分が考えないといけないことが多いのです。

実行速度は遅いのは仕方がないと言えます。

まとめ

本記事ではpythonについて解説しました。

pythonは機械学習など今ホットな分野に向いた言語であるため、注目されています。

初心者にも理解しやすい言語としても有名です。

もしプログラミングを学びたいという人がいれば、pythonから始めることをおすすめします。

日本ではやや普及が遅れてはいるものの、今後更に流行ると予想されている言語ですからね。