プログラミング

Rubyのメリット・デメリットを解説!Ruby on Railsは最強のフレームワークです

コード ruby

本記事ではRubyのメリットについて解説していきます。

Rubyという言語はphpやpythonに比べ、勉強している人が少ない印象です。

しかしRubyにはRubyの利点があり、知らないのはもったいないと言えます。

本記事ではRudyのメリット・デメリットの他、Rubyで何ができるのかについて解説していきます。

これからプログラミングを始めようと思っている人にも分かるように書きますね。

そもそもRubyとは?

Rubyとはスクリプト言語の一種です。

日本人の「まつもとゆきひろさん」が開発し、1995年に発表しました。

柔軟性・汎用性が高い言語として注目されています。

Rubyという名前は宝石のルビーに由来しているらしいです。

まつもとさんの会社の同僚の誕生石がルビーで、そこから取ったらしいですね。

(なんで自分の誕生石にしなかったんだろう……)

Rubyでできること3選

Rubyが作れるものは以下の3つです。

1.webアプリ
2.SNS、ブログ
3.API

1.webアプリ

webアプリ開発で有名なのはPHPですが、意外とRubyも様々な用途で使われています。

CookPadや、食べログ……こういった有名なサイトは、Rubyが使われているんですよ。

有名なサイトでも使われているということは、それだけ優秀な言語ということ。

また、こういう規模の大きいwebアプリだけでなく、個人で作れる小さい規模のものを作るときも使えます。

2.SNS、ブログ

RubyはSNSやブログを作るときにも利用可能です。

SNSやブログには、ログイン機能や会員登録機能が必要ですよね。

後で後述しますが、Rubyはこういった機能をサクサク実装できるようになっているのです。

WantedlyなどのSNSはRubyで作れていますね。

3.API

APIとは、アプリケーションが処理を行うときに使うプログラムのことです。

Application Programming Interface の略ですね。

自分が作ったアプリケーションのコードからAPIにアクセスし、高度な処理ができるようになるのです。

このAPIもRubyで開発することができます。

Rubyのメリット5つ

Rubyのメリットは5つです。

1.未経験者でも理解しやすい
2.勉強がしやすい
3.フレームワーク「Ruby on Rails」が強い
4.オブジェクト指向で書ける
5.phpに比べ習得してる人が少ない

1.未経験者でも理解しやすい

Rubyは未経験者でも比較的理解しやすいです。

文法や書式の記述がシンプルですし、記述量も少ない。

また、日本人が作ったプログラミング言語のため、日本人が理解しやすいとも言われています。

これからプログラミングを始める人がまずRubyを習得するケースは多いです。

2.勉強がしやすい

Rubyは勉強がしやすいのもメリットです。

日本語で書かれている情報が多く、分からないときに調べやすいんですよね。

やっぱり日本人が作った言語である、という特徴は大きいです。

また、Rubyを学習する教材も充実してきました。

progateやドットインストールなどの学習サイトでも、Rubyを勉強することが可能です。

3.フレームワーク「Ruby on Rails」が強い

Rubyの1番の特徴と言えばこれ。

RubyにはRuby on Railsという強力なフレームワークがあるのです。

フレームワークとは、アプリを作る上でパーツとなるもの。

フレームワークは自分でコードを書かなくても最初から用意されていて、使いまわし可能です。

Ruby on RailsにはSNSのログイン機能などが用意されています。

Ruby on Railsを使えばサクサク開発ができる上に、自分で作らなくて良い分ミスも減るのです。

他の言語よりもフレームワークはあるのですが、Ruby on Railsほど万能なのは少ないんですよね。

例えば、phpにはCakephpやSymfony、Laravelといった様々なフレームワークがあります。

それぞれの職場で使われているフレームワークは違うため、転職したらフレームワークを勉強し直さないといけないことも。

一方でRubyの場合、どの職場でもだいたいRuby on Railsが使われています。

Ruby on Railsという汎用性の高いフレームワークがあるため、Rubyは人気を集めているのです。

4.オブジェクト指向で書ける

オブジェクト指向とは、関連性のある複数のプログラムを1つのまとまりとして開発できる形式のこと。

オブジェクト指向を使うと、後でプログラムを修正するときに楽になります。

(オブジェクト指向は、未経験者の内は理解する必要はありません。「便利なものなんだなー」ぐらいの認識でOK)

webアプリなどはユーザーの評判を見て、後から修正することはしょっちゅうです。

修正効率を上げるためには、オブジェクト指向が便利なんですよね。

5.phpに比べ習得してる人が少ない

Rubyはphpに比べ習得している人が少ないです。

「1番簡単な言語はphp」というイメージがあるせいか、Rubyに最初手を出す人はあんまりいないんですよね。

習得している人が少ないというのは、大きなチャンスです。

転職する上でライバルが少ないため、Rubyを覚えていると有利。

Rubyのデメリット3つ

Rubyのデメリットを3つ挙げます。

1.処理速度が遅い
2.求人が現状少なめ
3.書き方を統一させるのが難しい

1.処理速度が遅い

Rubyは処理速度が遅いです。

インタプリタ方式で書かれている言語というのが、1つの要因。

インタプリタ方式の場合、コンピューターが1行ずつ機械後に翻訳していくため、実行が遅くなってしまいます。

CやC++,FORTRANなどはコンパイル方式であり、最初にまとめて機械後に翻訳し、その後実行するため、処理が速いのです。

ただ、処理速度が遅いと言っても最初のうちは特に気にすることでもありません。

処理速度が影響してくるのは、高度なアプリを作る場合のみです。

2.求人が現状少なめ

RubyはphpやJAVAに比べたら求人数は少ないです。

特に英語圏の求人は少なめですね。

ただ、Rubyを開発言語とする会社は、だいたいどこもRuby on Railsを使っています。

「フレームワークが合わなくて転職できない」という場合がないのはメリット。

3.書き方を統一させるのが難しい

Rubyは色々な書き方ができる言語です。

プログラマーによって、様々なコードが出来上がってしまいます。

そのため、他の人がコードが読む場合に、理解が困難が場合があるのです。

pythonなんかは、書き方が統一できるプログラミング言語と言われています。

書き方が限定される言語の方が、チームで開発するときは都合が良いのです。

まとめ

本記事ではRubyについて解説しました。

Rubyはメリットの大きい言語であることは確かです。

特にRuby on Railsという優秀なフレームワークがあるのが特徴。

未経験者でも習得しやすい言語ですので、おすすめです。