趣味

2020年の将棋大賞を予想!羽生九段、藤井七段、木村王位は何賞?

将棋 最初

本記事では将棋大賞2020年の予想を書いていきます。

毎年将棋大賞に選ばれるのが誰なのかワクワクしますよね。

早く結果が知りたくて、待ちきれない方も多いはず。自分もそうです。

藤井聡太は今年は賞を取るのか
最優秀棋士賞は誰になるのか、豊島か渡辺か

など気になることが多すぎますよね。

今回は2020年の将棋大賞の予想をしてみることにします。

2020年の将棋大賞を予想

2020年の将棋大賞は次のように予想しました。

  • 最優秀棋士賞:豊島将之
  • 特別賞:木村一基
  • 優秀棋士賞:渡辺明、永瀬拓矢
  • 敢闘賞:藤井聡太
  • 新人賞:佐々木大地
  • 最優秀女流棋士賞:里見香奈
  • 優秀女流棋士賞:西山朋佳
  • 升田賞:羽生(7二金型右玉など数々の戦法における新工夫に対して)

どうでしょう。みなさんの予想と同じですかね。

最優秀棋士賞は豊島名人竜王と予想

難しいラインですが、豊島名人竜王が最優秀棋士賞だと予想しました。

渡辺三冠の方が、タイトル数では多いのでどっちにすべきか悩みましたね。

ただ、名人や竜王の方がタイトルの格が高いと言われています。

なので、豊島さんの方がちょっとだけ可能性が高いかなと。

特別賞は木村王位にあげてほしい

特別賞は木村王位にぜひあげてほしいと思っています。

特別賞は「該当者なし」の場合が多いんですよ。

過去に特別賞を受賞したのは、羽生、藤井聡太、加藤一二三など、名だたる棋士ばかりです。

自分はここに木村王位も並ぶと思うんですよね。

木村王位は今回最年長で初タイトルを獲得し、大きな話題を呼びました。

将棋ファン意外からも、すごいという声が上がっていたと思います。

将棋界を盛り上げたという意味も兼ねて、十分特別賞に当たるのではないかと考えました。

木村王位は「敢闘賞」じゃないかって声もあるんですけどね

ただ、木村王位はすでに、王位戦で惜しくも3勝4敗で敗れたときに、敢闘賞を取ってるんですよね。

「敗れたら敢闘賞、勝っても敢闘賞」じゃおかしいかなと。

というわけで自分とは特別賞と予想します。

優秀棋士賞は渡辺三冠と永瀬二冠な気がする

複数冠を獲得している2人が優秀棋士賞でよいかと思います。

最優秀棋士賞は必ず1人だけですが、優秀棋士賞は2人だったときも多いです。

最優秀棋士賞が豊島名人なら、この2人になってくるかなと。

敢闘賞は藤井君が良いかと思う

敢闘賞の難しいところなんですよね毎回。

去年は広瀬竜王が獲得しました。

敢闘賞っていうのがどういうときに送られる賞なのか、いまいち掴めていないです。

惜しかった人に送られるのか、成果を挙げた人に送られるのか。

惜しかった人なら、もう少しで王将戦のタイトル挑戦者に慣れた藤井7段が良いのかなと。

あれは本当にあと一歩という感じでしたし。

新人賞が1番分からない

新人賞が1番予想つかないですよね。

今年の新人王戦を制覇したのは増田六段でした。

しかし増田六段はプロ入りしてからもう6年も経過しているんですよね。

となると、佐々木大地五段が可能性高いかなと。

今年圧倒的な強さを誇っていた渡辺三冠に勝利した棋士でもありますしね。

女流は里見香奈と西山朋佳が有力?

里見女流四冠今まで9回も最優秀女流棋士賞を獲得してますが、今年も有力かなと。

女流名人をはじめ4つのタイトルを獲得し、圧倒的な強さを誇っています。

西山女流三冠が優秀女流棋士賞も、割と硬いのでは。

升田賞は羽生九段か?

升田幸三賞は毎年波乱というか、「えっ、そこ?」っていうのが多いんです。

っていうのも、結構昔開発された戦法が受賞したりするから。

また戦法ではなく、新手が評価された受賞するケースもあるんですよ。

去年の藤井7段なんかがそうですね。

だから予想が難しいんですが、自分は羽生九段と予想します。

羽生九段は今年はかなり独創的な作戦が目立ちました。

代表的なのは、角換わりにおける「7二金型右玉」ですね。

他にも角交換四間飛車など、ソフトの評価値的にはいまひとつな戦法を使いこなし勝利を収めています。

というわけで、今回の升田賞は羽生九段がふさわしいのではないかと。

ただ7二金型右玉って羽生さん以外でやってる人が少ないので、そこがどう見られるのかなってところですね。

他に候補としては高見七段の「6七金左型矢倉」とか。

でもあれ土井矢倉を元にしているからどうなのかなー。

まとめ

自分の予想
  • 最優秀棋士賞:豊島将之
  • 特別賞:木村一基
  • 優秀棋士賞:渡辺明、永瀬拓矢
  • 敢闘賞:藤井聡太
  • 新人賞:佐々木大地
  • 最優秀女流棋士賞:里見香奈
  • 優秀女流棋士賞:西山朋佳
  • 升田賞:羽生善治(7二金型右玉など数々の戦法における新工夫に対して)

将棋大賞は毎年4月に発表されます。

今から結果が楽しみですね。

果たしてどれくらい当たっているのか。

みなさんもぜひ予想してみてください。