クラウドワークス

クラウドワークスで動画編集は稼げる?プロクラウドワーカーが解説

男性 youtube

「クラウドワークスで動画編集を仕事があるからやってみたい。でも動画編集って本当に稼げるのかなあ」

本記事はこのような悩みを抱えている方が対象となります。

動画編集で稼いでいきたいという方は結構増えてきましたね。

youtubeが流行ってきたこともあり、クラウドワークスでも動画編集の仕事が多くなりました。

しかし、動画編集で本当に稼げるのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

本記事では動画編集で稼げるのかについてまとめました。

本記事を読むことで、自分が動画編集をやった方がよいのか分かりますよ!

結論:クラウドワークスで動画編集やるのはまあまあ稼げる

結論から言うと、「動画編集で稼ごう!」と思ったあなたは、中々よい所に目をつけています。

動画編集は今、稼げる仕事の1つです。

っていうのも、やはりyoutubeブームが大きい。

仕事が多く出回っているため、初心者でもやれる仕事もあるのです。

動画編集はそこまでスキルがいらない割には、稼げる仕事。

もちろんyotubeを自分でやるみたいに、莫大な金を得られる訳ではありません。

ただ、月収20~30万程度なら動画編集で稼ぐことは可能です。

クラウドワークスで動画編集をやるメリット5つ

動画編集をやるメリットを5つ紹介します。

1.売り上げが安定しやすい
2.意外と必要なスキルが少ない
3.案件数がどんどん増えている
4.将来youtuberを目指したいなら役立つ
5.自分は炎上しなくて済む

1.売り上げが安定しやすい

動画編集は仕事量が多いので、売り上げが安定しやすいのがメリット。

いくつかのクライアントと契約しておけば、安定してお金が得られます。

youtubeを自分でやるとなると、最初のうちはずっと売り上げが出ない状態が続きますよね。

一方で動画編集なら、初月からお金を得ることが可能です。

売り上げが安定しやすいので、大きなメリット。

同じことは、ライティングやプログラミングでも言えます。

2.意外と必要なスキルが少ない

動画編集はそこまでスキルがいる訳ではありません。

動画のカットやテロップ入れ、効果音挿入といった作業は、慣れてしまえばスムーズにできるようになります。

動画編集は敷居こそ高いものの、必要なスキルは少ないです。

3ヶ月ぐらいみっちり学習すれば、スキルはちゃんと身につきますよ。

ライティングやデータ入力に比べたら、もちろん必要なスキルは多いです。

ただ、プログラミングに比べたら、大したことはないですね。

後、動画編集は勉強しやすい環境が整っているのが大きいです。

youtubeで検索すると、初心者向けに解説された動画編集のやり方動画がたくさん出てきます。

こういったものを参考にすれば、無料でスキルを習得可能です。

3.案件数がどんどん増えている

今はyoutubeブームですので、動画編集の案件数はどんどん増えています。

今後も案件はなくならないと推測されますね。

将来性があるという意味では、ライティングなどよりも優れた仕事かもしれません。

クラウドワークスにもたくさん案件はあります。

自分で編集した動画をポートフォリオとして見せることで、案件を獲得していきましょう。

4.将来youtuberを目指したいなら役立つ

動画編集に興味がある方の中には「将来自分もyoutuber」になりたいと考える人も多いです。

youtuberになる場合も、もちろん動画編集で培ったものが役立ちますね。

動画編集技術はもちろんですが、他のyoutuberの動画をたくさん観ることになるので、「喋り方」や「コンテンツの探し方」なんかも勉強になります。

実際、自分のチャンネルの人気が出るまで他の人の動画を手伝って稼ぐ、という人は多くいるのです。

5.自分は炎上しなくて済む

これ、結構大きなメリットだと思うんですよね。

自分でyoutubeをやるとなると、炎上のリスクがつきまといます。

人の動画を手伝うなら、炎上することはありません。

何か問題が起きたとしても、叩かれるのは「動画編集を依頼したyoutuber」です。

炎上しなくても済む分、気楽に作業することができます。

クラウドワークスで動画編集をやるデメリット4つ

クラウドワークスで動画編集をやるデメリットも挙げていきます。

以下の4つにまとめてみました。

1.莫大な収益は臨めない
2.収入を増やしにくい
3.よくないクライアントもいる
4.ある程度のスペックのパソコンが必要

1.莫大な収益は臨めない

動画編集だけですと、莫大な収入を得るのは難しいです。

判定した収入を得ることができる反面、大きくは稼ぎにくいのですね。

なので大金を得たいという場合、動画編集もやりつつ、自分のチャンネルも育てていくのがおすすめです。

自分のチャンネルを育てれば、クライアントにポートフォリオ代わりに見せることもできるので、一石二鳥。

動画編集だけでは、月収30万円以上にはなかなかいきません。

2.収入を増やしにくい

動画編集だけでは、収入をどんどん増やす、ということはできません。

たとえばてすが、自分が変わっているyoutuberの動画が急に再生回数が増えたとします。

この場合、youtuberの収入はアップしますが、編集担当者のところにはそこまでお金が回ってこないことも。

これが嫌だなあと思う人もいます。

3.よくないクライアントもいる

クライアントの中には、仕事量に合わない報酬額でやらせたり、修正依頼を何回も出してくる人もいます。

こういったクライアントに当たってしまうと、稼ぐことが難しいです。

クライアントの選別はしっかり行うようにしましょう。

動画編集の場合、「これで完成!」っていう明確な基準がない訳で、出そうと思えばいくらでも修正依頼を出せるんですよね。

もし修正依頼を求められた場合は、追加報酬を求めるようにするのが良いです。

クラウドワークスには、クライアントを評価する機能もあります。

クライアントの評価が低い場合は、仕事の依頼があっても断るのが重要です。

4.ある程度のスペックのパソコンが必要

動画編集をする場合、パソコンのスペックはそれなりに必要です。

スペックの低いパソコンで作業しようとすると、動画が重すぎてイライラすることも。

パソコンは良いものを選ぶようにしましょう。

まとめ

本記事ではクラウドワークスで動画編集の仕事をやることについて、解説しました。

動画編集は十分稼げる仕事です。

youtubeのブームは今後も続くと推測されます。

やはり動画というのは、手軽に観られるというアドバンテージが大きいですね。

仕事がたくさんある分、初心者でも仕事が入ってきやすいです。

動画編集で稼ぎたいという方は、まずはクラウドワークスの会員登録を行いましょう。