webライター

【初心者向け】未経験でもwebライターで月10万稼ぐ方法

ペン

「webライターって未経験からでもなれるものなの」
「webライターになるのって学校とか必要じゃない?」

本記事はこのような不安を解消するためのものです。

結論から言うと、webライターは初心者からでも十分なれます。

専門学校などにも通う必要は全くありません。

ただ、どういう経由でwebライターになれば良いのか分からない人が多いです。

そこで、本記事ではwebライターに未経験からなるにはどうすれば良いのかをまとめました。

副業をやっていきたい方なんかには特におすすめの内容です。

webライター未経験はまずクラウドソーシングに登録

ライターはどっから仕事を取っていくのか?

よく「フリーランスになるにはコネがないと駄目だよ」なんて話を聞きます。

コネのある会社などから仕事をもらっているからフリーでもやっていけるのだと、そういう認識を未だに持っている人は多いです。

しかし!それはとっくに過去の話!

今では、コネがなくても、「クラウドソーシング」からばっちり仕事が獲得できるのです。

クラウドソーシングとは、案件がずらりと並んでおり、フリーランスの方や副業でやっている方が、その案件に応募できる仕組みのこと。

クラウドソーシングを使えば、未経験でも案件を簡単に獲得することができます。

「クラウドソーシングって怪しくないの」って思う方もいるかもしれませんが、クラウドソーシングはいつでもやめることができます。

一度登録しても、すぐに退会できるので、稼げないと思ったら止めればよい話です。

クラウドソーシングの選択肢はほぼ2つしかない

クラウドソーシングなのですが、最近できたサービスのため、いかんせんまだ種類が少ない状況です。

まあ、何個かあることはあるのですが、クラウドソーシングサイトの中には、案件数が少なかったりするものが多い……。

イマイチはパッとしないものが多い印象です。

そこで本記事では「これはおすすめ!」というクラウドソーシングを2つピックアップしました。

クラウドワークス
ランサーズ

正直、この2つ以外のクラウドソーシングを使っている人を、周りで見たことがあります。

それほどこの2つがクラウドソーシング内でとても優秀なのです。

他のものを使っても良いですが、未経験者はまずはこの2つを使ってみて、慣れてきたら他のものにも手を出すのがおすすめ。

クラウドワークス

日本で現在最大級の規模のクラウドソーシングサービスです。

案件の数は圧倒的であり、webライター向けの案件も豊富。

webライター以外にも、プログラマーやwebデザイナーの案件があります。

中にはクラウドワークスだけで月収20万円を稼ぐ人もいます。

ニュースなどでも話題になることが多く、現在注目度No.1クラウドソーシングでしょう。

自分もクラウドワークスは使っています。クラウドワークスだけで結構稼げました。

未経験者の方はまずクラウドワークスを登録しておくのがおすすめです。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと並んで優良なクラウドソーシングです。

ランサーズは案件数はクラウドワークスには劣るものの、使いやすさに定評があります。

文字単価で案件を絞り込むことができたり、優秀なサイト。

クラウドソーシングは複数使うことをおすすめします。

とりあえず未経験の方は、クラウドワークスとランサーズを両方登録しておきましょう

クラウドソーシングでのwebライターの仕事の流れ

クラウドワークスでもwebライターの仕事の流れを紹介します。

大体、以下のような流れでwebライターは作業をこなしています。

step1.仕事を獲得する
step2.契約を交わす
step3.記事の構成を考える
step4.リサーチ作業
step5.執筆
step6.校正
step7.納品

もちろん案件によってちょこちょこ作業内容は変わります。

なので、クライアントにしっかり作業内容は事前に確認するのです。

ここでは、大雑把な仕事の流れをとりあえず覚えておきましょう。

step1.仕事を獲得する

先程解説したクラウドソーシングを使って、仕事を獲得します。

クラウドソーシングの検索窓にやりたい仕事の内容を書き込みましょう。

例えば「シナリオ作成」の仕事がやりたいなら「シナリオ」で検索します。

すると、シナリオ作成の案件がずらりとでてきますね。

その中から「自分でもできそう!」と思う案件を一つ選びましょう。

仕事名をクリックすると、その案件の詳細内容がわかります。

その内容をよく読んで「応募する」をクリックしましょう。

後は、「応募内容」を書いて、クライアントに提出します。

それを読んだクライアントが、「この人になら仕事を任せられそうだ!」と思ったら、その人に連絡が届きます。

step2.契約を交わす

クライアントから連絡が届いたら、契約を交わします。

クラウドソーシングの流れに沿って、契約ボタンを押しましょう。

クラウドソーシングの使い方はそこまで難しくはありません

ただ、契約を一度交わしてしまうと、「仕事を拒否」した場合に、評価が下がってしまいます。

そこは慎重に行いましょう。

step3.記事の構成を考える

契約を交わしたら、クライアントの指示に従ってください。

「記事の構成を考えてください」と言われたら、記事の構成を考えます。
「この構成に従って記事を書いてください」と言われたら、その構成が書いていくのです。

記事の構成を考える方法をここでは紹介します。

クライアントから記事テーマを渡された場合、そのテーマを必要とする人物を想像します。

そして、その人物が「一体何に悩んで、ネットで検索するだろうか」と考えます。

その悩みを解決する記事を、書いていくのです。

その悩みを解決する記事構成を考えていきます。

記事構成を考える作業はライターの仕事の中では結構難しい方です。

未経験者の方はすでに構成ができあがっている案件を選択する方がよいかもしれません。

step4.リサーチ作業

構成が完了したら、記事を執筆するのに必要な情報を集めます。

クライアントからもらったキーワードでグーグルで検索します。

検索で上位にきている記事を何個から確認してください。

その記事を読んでみると、様々な情報が書かれているのが、わかります。

最初のうちは、上位10記事を読んでみましょう。

そしてその10記事の内容を見て得た情報を、まとめていきます。

注意点ですが、このときコピペはしないようにしてくださいね。

step5.執筆

まとめた情報を元に、執筆を行います。

どんどん書いていきましょう。

未経験者の方は、とりあえず余計なことは考えず、ガシガシ書いていくのがコツです。

「こうした方が良いかな」とか考えながら書くと、時間がかかりすぎてしまうことも。

ひとまず、自分の思いのままに、文章を書いてみましょう。

step6.校正

書き上がった記事は、校正してください。

校正、といってもそんなに難しいことは必要ありません。

とりあえず最初は、誤字脱字の確認だけで良いでしょう。

慣れてくると、語尾が重複しないように変えたり、同じような言い回しをしないようにしたりすることがありますが、未経験者にそこまで求めてくるクライアントは少ないです。

step7.納品

校正した記事は、納品します。

納品するときはテキストファイルで納品することもあれば、ワードで納品することもあります。

案件によっては、「ワードプレス」に投稿する形で納品することも。

そのあたりはクライアントの指示に従ってください。

納品したら、クライアントがチェックしてくれます。

クライアントの中には「ここを修正してください」って言われることもあるので、そのときは修正しましょう。

修正が完了したら、納品完了です。

納品が終わったら、クライアントが報酬を支払ってくれます。

webライター未経験者が勝ち抜く3つのコツ

さて、ここまでwebライター未経験者がどのような作業していけばよいか、を解説していきました。

しかし「そもそも案件ってそんな簡単に獲得できるの?」とか「webライターってそんな稼げるの?」って不安に思う人もいるでしょう。

確かに、webライターなんて全然稼げないよ!って言う人もいます。

そして実際に全然稼いでいない人は多いです!

しかしちゃんとした手順を踏めば、webライターでもそこそこ稼ぐことはできます。

ここではwebライターがどうやって稼いでいけばよいか、「生き残り方」を紹介します!

初心者には必見の内容ですよ!

1.執筆速度を上げまくる

はい、まずはこれです!執筆速度を上げてあげて上げまくりましょう。

webライターにとって1番大事なものは何か?それは文章力ではありません。

執筆速度です。

なぜならクライアントは文章のレベルよりも、「納品の速さ」を重視しています。

特に未経験者のうちに、とにかく早く出すことを考えましょう。

クオリティーに関しては、後からついてきます。

執筆速度の目安ですが、1時間で3000字は書けるようになりたいところ。

「え?無理じゃない?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

練習していけば半年ぐらいには、誰でもこれぐらいの速さで書くことができます。

ちなみに筆者は1時間で9000文字書くことができます。

執筆速度は練習を繰り返せば必ず上がっていきます。

ただし、練習する上で一つ注意点があります。

それは必ずタイムを図って執筆を行うことです。

「この時間までに終わらせるぞ」って思って執筆しないと、なかなか執筆速度は向上しません。

記事を書くときは、必ずストップウォッチを手元に置いておきましょう。

2.ポートフォリオを作成して、クライアントに見せる

webライターは仕事を獲得しないとそもそも稼ぐことができません。

仕事を獲得するには結構骨が折れるのは事実です。

っていうのも、クラウドソーシングでは、どうしても実績がある人の方が有利だから。

でも、実績がある人に勝つ方法が唯一あります。

それが、ポートフォリオを作成して、クライアントに見せること!

例えば「引っ越しの手順を解説した記事を求めています」という案件があったなら、実際に3000字ぐらいで引っ越しの記事を予め書いておきます。

そして案件に応募するときに「こんな記事を過去に書いたことはがありますがどうでしょう」と見せます。

するとクライアントは「こいつは引っ越しに関する知識があるな」と思うので、その人に仕事を任せやすくなります。

もちろん3000字の記事を予め書くのは大変です。

まあ、その3000字分のお金はでない訳ですからね。

しかし3000字のポートフォリオを書いておくことで、他の似たような案件を見つけたときも、それを提示することができます。

ポートフォリオは何種類から作成しておきます。

ポートフォリオ作りはぜひ試してみてください。

3.単価の低い仕事は受けない

単価の低い仕事は受けないようにしましょう。

目安としては文字単価1.0円以上を受けるようにしてください。

これ以上を受けない方がよいです。

別に0.9円ぐらいの案件だったら受けても良いのですが、クライアント側も「文字単価1.0円にすれば募集が来るな」ということはわかっています。

なので、文字単価ちょうど1.0円で募集しているケースが多いです。

なので文字単価1.0円以上を狙っていくのが良いでしょう。

まとめ

本記事ては、webライターは未経験から稼ぐ方法について解説しました。

未経験から稼ぐ第一歩は、ひとまずクラウドソーシングに登録することです。

クラウドソーシングなら、案件を獲得しやすいです。

ただし、ポートフォリオを作成は必ず行いましょう。

ポートフォリオなしに未経験者が経験者を差し置いて、案件を獲得することはできません。

また、文字単価の高い仕事をなるべく狙っていきます。

後は執筆速度を上げていけるように頑張っていけば、必ず稼げるようになります!