webライター

webライターとブロガーの違いを解説。結局どっちが稼げるのか?

ブロガー 外

「webライターとブロガーの違いってなんなの?どっちの方が稼げるとかってある?」

本記事ではこのような悩みを持っている方を対象としています。

この2つはどちらも書く仕事のため、どちらをやろうと悩んでいる方をたくさん見かけますね。

自分がどっちに向いているのか分からず、どちらにも手を出せていない人もいるのではないしょうか?

そこで本記事では、webライターとブロガーのメリット・デメリットをまとめました。

本記事を読むことで自分がどちらに向いているのか分かるようになります。

webライターとは?

webライターとは「他人のブログ記事を代行して書く仕事」です。簡単に言えば。

「こういうふうに書いて欲しい」と言われて、そのとおりに書いていきます。

書き終わって納品したら、クライアントから報酬をもらいます。

報酬額は文字数で決まります。5000文字書いたら10000円、みたいに。

webライターはこういうふうに稼いでいくのです。

自分が書いた記事が何pv集めようが、報酬額は基本変わりません。

ブロガーとは?

対してブロガーは、「自分のブログの記事を書いていく仕事」です。

自分でブログを開設し、そこに記事をどんどん書いていきます。

クライアントはいないので、誰から報酬をもらえる訳ではありません。

収入はブログに広告を貼り付けるなどして得ます。

広告をユーザーが踏めば踏むほど、お金がたくさん得られるという訳ですね。

ライターと違い、報酬額は書いた文字数と比例しません。

webライター3つのメリット

webライターのメリットは以下の3つです。

1.速攻で稼ぐことができる
2.収益が安定しやすい
3.色々な知識が身につく

1.速攻で稼ぐことができる

webライターは報酬額が書いた文字数に比例します。

なんで、仕事さえ獲得できればすぐにお金を得られるという訳です。

webライターはブロガーよりも、速攻でお金を得られるメリットがあります。

しかも、webライターに必要なスキルは、ほとんどありません。

そのため、他の仕事(プログラミングとか)に比べて、すぐに稼げる仕事と言われています。

速攻で稼ぐことができるのは、今すぐお金が欲しい人にとって魅力的です。

2.収益が安定しやすい

webライターは収益が安定しやすいんですよね。

webライターは何も一つのクライアントとだけ仕事をする訳ではありません。

4~5人くらいのクライアントと契約をし、それぞれから仕事をもらうことがほとんど。

そのため、1人のクライアントと契約が切れても、そこまで収入が落ちません。

収入が安定しやすいと、精神的にも楽です。

3.色々な知識が身につく

webライターはクライアントから言われたことを書きます。

「好きなこと書けないって嫌じゃない」って思うかもしれませんが、その分色んな知識が身につきます。

好きじゃなくこと=自分がよく知らないことなので、執筆前にその分野について調べないといけません。

そのため、webライターをやっているうちに、様々な分野に詳しくなれるのです。

自分もwebライターをやってから、何の興味もなかった、転職エージェントのこととか知ることができました。

webライター3つのデメリット

webライターのデメリットは以下の3つです。

1.自分の好きなジャンル以外も書かないといけない
2.収入が増えにくい
3.実績を蓄積しにくい

1.自分の好きなジャンル以外も書かないといけない

自分が好きでもないジャンルを書くのが、やはり苦痛という人もいます。

これが嫌でwebライターを辞めてしまう人は多いですね。

自由を求めてフリーランスになったのに、なんでクライアントに言う通りに書かないといけないんだ、みたいな感じで。

好きなことを書けないというのは、たしかにデメリットです。

2.収入が増えにくい

webライターは「いきなりお金を稼げる」というメリットはありますが、その分収入が増えにくいです。

月15万とかならすぐ稼げますが、なかなか月30万、40万と上げにくいんですよね。

お金持ちを目指す人は、どこかでwebライターを卒業するか、他の仕事も平行するしかないです。

3.実績を蓄積しにくい

webライターが書いた記事は、クライアントの著作物になってしまうことが多いです。

「これは自分が書きました」って言うことができないんですよね。

なんで「今までどんな記事を書いてきたの?」って言われても、見せられるものがないんです。

実績を蓄積しにくいのも、webライターのデメリットですね。

ブロガー3つのメリット

ブロガーのメリットは以下の3つです。

1.自分の好きなことが書ける
2.上手くいけば収入がすごいことに
3.作業してなくてもお金が入る

1.自分の好きなことが書ける

ブロガーは自分の好きなことを書いていくことができます。

自分のブログですからね、好きなようにやることが可能です。

webライターだと中々書けない、オピニオン記事やネタ記事も書けます。

好きなことを書きたいという方は、ブロガーの方がおすすめです。

2.上手くいけば収入がすごいことに

ブロガーは上手くいけば、収入がすごいことになります。

自分の商品=ブログを持っていれば、ユーザーが広告をクリックすればする程、お金が入る訳です。

有名ブロガーなんかは、月収100万以上行くこともあります。

webライターとブロガーでどっちが夢あると聞かれたら、ブロガーでしょうね。

3.作業してなくてもお金が入る

webライターは作業していないとお金は入りませんが、ブロガーは自分が寝ている間でもお金が入ってきます。

いわゆる、不労所得というものを得られる可能性があるのです。

まあ、実際には不労所得を得られるようになるには、相当成功しないと駄目なのですが。

自分のブログを持っていると、こういうこともありえます。

ブロガー3つのデメリット

ブロガーのデメリットは以下の3つです。

1.最初のうちは全く稼げない
2.Googleアップデートなどで収益が急に下ることも
3.途中で挫折したら収益はゼロ

1.最初のうちは全く稼げない

ブロガーは最初のうちはマジで稼げません。

ブログを初めてから1年、下手したら2年くらいは収入ゼロ円です。

中には開設3ヶ月ぐらいで稼ぐ人もいますが、だいたい経験者とかなんですよね。

全くの初心者が稼ごうと思ったら、1年はかかりますね。

なんで無一文でブロガーをやろうとすると、詰みます。

最初のうちは全く稼げないことは、念頭に入れておきましょう。

2.Googleアップデートなどで収入が急に下ることも

ブロガーはwebライターと違い、急に収入が探すことがしばしば。

ブログが稼ぐには自分のブログの記事で検索上位に表示されてないといけません。

しかし、googleさんも「もうちょっと良い記事を上位表示させないと」と考え、上位表示させる記事を変更させることがあるのです。

自分の記事が良くないと判定された場合、検索順位が下がってしまいます。

他にもブログに貼った広告の商品の人気が下がるなど、年収が急落する要素はたくさん。

収入が急に探すことも念頭に入れておきましょう。

3.途中で挫折したら収入はゼロ

ブロガーの場合途中で挫折したら、収入は全く得られません。

それまで10万文字書いてもリタイアしたら、収入はないんですよね。

webライターなら10万文字書けば、1文字1円でも10万円得られることになります。

途中で挫折したら収入がゼロになってしまうのも、ブロガーデメリットです。

挫折しなければ良いだろうって話なのですが、ブログは挫折する人の方が大半となっています。

収入がない状態で記事を何個も投稿していくのは、精神的にしんどいものがあるんですね。

まとめ

本記事では、webライターとブロガーの違いについて解説しました。

どちらも書く仕事ですが、収入形態など結構異なる部分が多いです。

自分がどちらに向いているか、判断してから行動することをおすすめします。

時間に余裕があるのであれば、どちらも試してみるのが良いです。

webライターで安定した収入を得ながら、自分のブログを育てていくのは合理的ですね。