webライター

【未経験者向け】webライターに必要なスキルを一挙解説!

mac パソコン

「webライターって必要なスキルはないの?」

「なんのスキルがない人でもwebライターってなれるの?」

本記事ではこのようなお悩みにお応えしていきます!

webライターという職種は未経験からでもなることが可能です。

特に「これが絶対必要!」というスキルはありません。

ただ、webライターとして更に大きくの金額を稼げるようになるには、どんどんスキルを身につけていく必要があります。

ここではwebライターがもっておきたいスキルを紹介します!

webライターに必要なスキル4選

webライターがとりあえずもっておきたいスキルは以下の4つですね。

1.文章力
2.リサーチ力
3.交渉力
4.スケジュール管理力

この4つがあれば、とりあえず食べるだけの月収は誰でも稼ぐことはできます。

1.文章力

文章力はあればある程、ライターとして優秀になれます。

ただ文章力といっても、小説を書くときみたいに美しい文章や言い回しは求められていません。

webライターに求められるのは「わかりやすい文章」のみです。

そして、わかりやすく書くだけの文章力なら、誰でも身につけられます。

また、文章力だけでなく、執筆速度も肝心。

1時間で何文字書けるかは、ライターなら必ず確認しておきましょう。

目安としては1時間で2000字ぐらい書けるようになると、問題なくwebライター一本で生活していけます。

ちなみに筆者は1時間で9000字書くことが可能です。

ここまで書けるようになるにはとにかく反復練習をすること。

未経験の方はとりあえず1時間で2000字を目標にしてみましょう。

2.リサーチ力

執筆前に必ず、情報収集することが必要になります。

このリサーチ作業をいかに効率よく行えるかも肝心です。

リサーチ作業に時間をかけすぎると、それだけ稼げなくなってしまいます。

かといって時間を全くかけないと、質の低い文章が出来上がってしまうので、難しいところ。

リサーチ時間に目安はありませんが、だいたい時給2000円ぐらいになるように、リサーチ時間を調整するのがおすすめです。

なるべくリサーチの時間を減らせるように、専門分野を作っておくことをおすすめします。

例えば、不動産関係の記事を中心に書くのであれば、不動産関係の基礎となる知識をとにかくためておきます。

基礎知識があれば、そこまでリサーチ時間はかからなくなります。

3.交渉力

webライターは交渉力も肝心です。

webライターの方の多くはクラウドソーシングから仕事を獲得します。

交渉力がないと、仕事を獲得するのは難しいです。

この仕事は自分に任せるのが自分よい、とうまくアピールしないといけません。

おそらく、多くのwebライターがここで躓くと思います。

そこでおすすめの交渉手段を一つ紹介します。

それは、ポートフォリオを作成すること。

ポートフォリオには、自分が過去に書いた記事をいくつか掲載しましょう。

そして提案時に「こんな記事を過去に書きました」とアピールします。

すると、クライアントもその人に実力を判断でき、その人に仕事を任せやすくなるのです。

4.スケジュール管理力

webライターはエンジニアなどとは異なり、複数のクライアントから案件を得るのが普通です。

案件ごとの締め切りがいつなのか、きちんと把握しておかないといけません。

スケジュールを管理する能力もライターは重大になってくるのです。

スケジュールは1つのエクセルにまとめるなどしてうまく管理しましょう。

持っておくと仕事の幅が広がるスキル3つ

続いて「必須ではないけど、持っておきたいスキル」を紹介します。

ワードプレス
エクセル
HTML

これらのスキルを持っておくと、仕事の幅がどんどん増えていきます。

未経験者なら必要ありませんが、何ヶ月かライターをこなしている人なら、ぜひ取得してみましょう。

1.ワードプレス

ワードプレスとは、ブログ記事を投稿するためのツールみたいなものです。

ワードプレス経由で文字に色をつけたり強調したり、画像を挟んだりすることができます。

クライアントによっては、「ワードプレスから納品してください」と指示がある場合も。

ワードプレスの知識があれば、こういった場合にスムーズに行えます。

できれば、自分でブログを持っておき、そこでワードプレスの練習をしておきましょう。

ワードプレスはそこまで難しくはありません。

3日もあれば取得はできるでしょう。

2.エクセル

エクセルもできれば持っておきたいスキルです。

エクセルを使って図を作成して記事に挿入したりする仕事もあるから。

エクセルは基本スキルだけでOKです。

マクロを組んだりとか、本格的なスキルは必要ありません。

3.HTML

HTMLの知識があると、結構便利です。

中にはhtmlで表を作成して欲しいという依頼もあります。

htmlの使って、リストや表が作れると何かと便利です。

htmlができるライターはそこまで多くはありませんので、クライアントに対するアピールにもなります。

webライターに必要な精神的な力3つ

続いて、webライターに必要な「精神的な力」を3つ紹介します。

集中力
根気
チャレンジ精神

これらの力が身についている人はライター向きと言えます。

また「いやこういうき自信ないんだけど……」と思う方も大丈夫。

ライター作業を行っていけば自然と身につくようになります。

1.集中力

ライターはずっと集中して、記事を執筆する必要があります。

集中力は他の仕事をするよりも必要かもしれません。

ライターのようなクリエイティブな仕事というのは、集中力が切れやすいからです。

集中力を切らさないコツは色々ありますが、おすすなのは、ポモドーロテクニックを使うこと。

ポモドーロテクニックとは、25分作業して5分休憩……を繰り返すルーティーンです。

いたってシンプルな方法ですが、これが意外と効果があります。

ぜひ試してみてください。

また、執筆中は必ず、ストップウォッチで時間をはかってください。

時間をはかることで、人間は自然と集中力が高まるものです。

2.根気

webライターは最後まで諦めずに書き切る力ももちろん重要です。

webライターという仕事は、執筆速度がないうちは、そこまで稼ぐことはできません。

ある程度継続が必要ではあります。

何日も継続していく根気がないとwebライターは難しいかもしれません。

ただ、「ネットで稼ぐ」ジャンルの中としては、webライターはむしろすぐに稼げる分類に入ります。

プログラミングとかブログ運営とか、はじめようと思ってから稼げるまで半年とか1年とかかかります。

3.チャレンジ精神

最後に必要なのはチャレンジ精神です。

文字単価の高い仕事にも果敢にチャレンジしていくことができないと、月収は上がっていきません。

よく「自分にはまだそこまでのスキルがないから」と思って文字単価の高い仕事に応募しない人がいます。

しかし、本当は文字単価の高い仕事も、そこまで難易度が上がる訳ではありません。

どんどん文字単価の高い仕事にチャレンジしていくことをおすすめします。

webライターに必要なスキルを取得する2つの方法

ここからはwebライターに必要なスキルを「じゃあどうしたら取得できるの?」という点について解説します。

ここでは2つの方法を挙げてみましょう。

1.ライター向けの本を読んで勉強する
2.ライター養成学校に入学する

1.ライター向けの本を読んで勉強する

webライター向けの本は山程存在します。

本の中には文章力の上げ方など、たくさん解説されていますので、ライターなら一冊は読んでおきたいところ。

本を読むことで自信も身につくでしょう。

一冊1000円くらいなので、買って損はありませんよ。

2.ライター養成学校に入学する

ライター養成学校に入学することもおすすめです。

ライター養成学校にいけば、ライターに関する基礎的なことはだいたい教えてくれます。

ただ、それだけがメリットではありません。

本当のメリットは、一緒にライターをやれる仲間が作れることです。

ライターはずっと1人で作業する必要があり、これがしんどいという人もいます。

ライター仲間を作れば、共に切磋琢磨することができますし、寂しくありません。

さらには、ライター仲間から仕事を紹介してくれることも。

こういったメリットがあるのが大きいですね。

まずはクラウドソーシングに登録しよう

ここまで必要なスキルを解説してきました。

スキルを身につけることも確かに肝心です。

しかしいつまで経っても練習ばかりではいけません。

スキルを身につけつつ、少しでも稼いでいくことがおすすめです。

おすすめはクラウドソーシングに登録すること。

クラウドソーシングなら、未経験者でもできる仕事がわんさかあります。

これらの仕事をこなしていきましょう。

実際に仕事を行っていけば、自分に足りないものも見えてくるかもしれませんよ。

そしたらまたスキルを身につければ良いだけの話です。

特におすすめのクラウドソーシングは以下の2つです。

クラウドワークス
ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

webライターの多くはまずクラウドワークスから仕事を獲得している印象です。

自分もこのサイトは使っていますが、未経験者向けから上級者向けまで幅広く案件があります。

webライターなら迷わず登録しておくべきでしょう。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと合わせて登録しておきたいクラウドソーシングです。

ランサーズもクラウドワークスに負けず劣らず、案件が豊富にあります。

クライアントの質が高く、好条件の案件が見つかりやすいのがメリット。

クラウドソーシングは複数登録しておくことをおすすめします。

複数登録しておけば、より多くの案件を探すことができます。

特に未経験者の場合、なるだけ自分に合った仕事を探したいでしょうし、複数登録するのがおすすめ!

まとめ

本記事はwebライターが必要なスキル、について解説しました。

webライターに必要なスキルはそこまで多くはありません。

必要最低限のスキルを身にけつたら、後は実践あるのみです。

まずはクラウドソーシングで1つ案件を獲得してみましょう!