webライター

【単価激安】webライターの仕事を辞めたい場合の対処法【フリーランス搾取】

男性 スマホ 落ち込み

「webライターの仕事をやってるけどもう辞めたい。ぜんぜん稼げないし」

本記事ではこのようなお悩みを抱えている方を対象としています。

webライターは稼げる仕事ではありますが、途中で辞めてしまう人もいるんですよね。

最初から稼げる仕事、という訳ではなく、それなりに稼ぐのに時間はかかる仕事です。

というのも、みんながみんな、書くことに慣れている訳ではないから。

書くのが遅い人は、まずスピードを上げていかないと、稼ぐことはできません。

スピードを上げるには、ひたすら仕事をこなすのみです。

とはいえ、稼げない状態がずっと続くと、嫌になってしまいますよね。

そこで本記事では、webライターの仕事を辞めたくなった場合、どう乗り越えるか、について解説します!

本記事を読むことで、webライターを続けているコツがつかめますよ!

webライターの仕事を辞めたくなる5つの理由

webライターの仕事を辞めたくなる理由は、以下の5つに分けられます。

1.稼げない
2.クライアントに振り回される
3.書くのが辛い
4.仕事が取れない
5.自分の資産にならない

1.稼げない

1番多い理由は、やはりこれです。

webライターは他の事業に比べたら、即効性のあるものなのですが、それでもいきなりは稼げません。

最初のうちは月5万行かない人も多いです。

2.クライアントに振り回される

クライアントの中には、webライターを搾取しようとする悪質な人もいます。

文字単価0.1円で仕事をやらさようとしてきたり、無駄な作業をやらせようとしたり、後者の場合は自覚がないことも。

webライターの中には変なクライアントに当たってしまい、稼げなくなる人もいます。

3.書くのが辛い

書くのがしんどいという人も結構います。

webライターは1日に5000字〜10000字ぐらいは書かないといけません。

これぐらいの文字数を書くと、だいぶ脳も疲れてきます。

1日だけならまだしも、長時間続けていると疲れてきますよね。

うまいこと休憩が取れれば良いのですが、慣れるまではどうしても大変です。

4.仕事が取れない

仕事が取れずに困ってしまうケースもあります。

webライターの多くは、クラウドソーシングを使って仕事を獲得します。

クラウドソーシングは最近口コミなどで広まり、利用者数も増えてきました。

ライバルが増加したことにより、仕事が取れにくくなった方もいると思います。

5.自分の資産にならない

webライターの仕事は資産になりにくいんですよね。

たとえばブロガーだったら、自分のブログが資産となり、どんどん実績が蓄積されていきます。

自分の認知度が上がってくれば、他の仕事が入ってくるケースも。

しかしwebライターはなかなかそうはなりません。

一応記名記事(自分の名前を記入できる記事)の依頼を受けることはありますが、そうではないことも多いです。

webライターはおいしい仕事だと思う4つの理由

ここまでwebライターを辞めたい理由を挙げていきました。

こういった理由はwebライターを辞めてしまう人は多いのは事実。

しかしそれでもなお、webライターをおいしい仕事だと自分は思っています。

その利用を4つまとめてみました。

1.書けば書くほどお金がもらえる
2.やり方次第でちゃんと稼げる
3.スキルが蓄積されれば他の仕事もできる
4.自分の好きなときに好きな場所でできる

1.書けば書くほどお金がもらえる

webライターは書けば書くほどお金がもらえます。

webライターの仕事って、文字単価◯円って決められているじゃないですか。

だから、早く書けば書くほど、基本的に収入がアップします。

こういった仕事って、実は珍しいのではないかと感じているのです。

たとえばサラリーマンなんかは、どんなに仕事を早くこなしても、急には収入はアップしません。

2.やり方次第でちゃんと稼げる

webライターは稼げないという声もありますが、やり方次第ではちゃんと稼ぐことができます。

文字単価や条件がよい仕事を選び、書くスピードを早くしていけば、そこまで難しくはありません。

やり方次第では、きちんと稼ぐことができる仕事です。

3.スキルが蓄積されれば他の仕事もできる

webライターは仕事をやっていくうちに色々なスキルを身につけることができます。

たとえば、ライティング作業をしていくうちにSEOの知識をつけることも可能です。

SEOの知識をつければ、ブログ運営にも役立ちます。

他にも、HTMLやワードプレス、特定分野の知識などなど、たくさんのスキルが培われる仕事なのです。

4.自分の好きなときに好きな場所でできる

webライターは自分の好きなときに好きな場所で作業できるのも大きなメリットです。

自宅で作業することもできますし、ファミレスで作業することもできます。

また、土日に休日を限定しなくても良く、平日に旅行に行くことも可能です。

平日の場合、ホテル代が安かったり、人が少なくて快適だったりするので、少しお得。

自分の好きなときに好きな場所で働けるというのも、大きなメリットです。

webライターを続けていく4つのコツ

webライターのメリットはわかってけど、なかなか続けていくことができない。

そんな方のために、webライターを続けていく4つのコツを紹介します。

1.報酬額の高い仕事を選ぶ
2.提案数をもっと増やす
3.ブログ運営も平行して行う
4.Twitterからも仕事を獲得する

1.報酬額の高い仕事を選ぶ

報酬額の高い仕事を選ぶようにしましょう。

最低でも文字単価は1.0円以上でないと、生活するだけの収入はなかなか得られません。

文字単価1.0円なら一日10000字書けば10000円です。

20日働けば20万円になるので、まあちょうどよいぐらいかなと。

報酬額の高い仕事なら、モチベーションもそれなりにアップします。

0.1円くらいの仕事だと、モチベーションを上げようと思っても上がりません。

2.提案数をもっと増やす

クラウドソーシングを使っている方は、提案数をもっと増やしましょう。

提案数は1日に20件ぐらいしても多くはないくらいです。

最近だとクラウドワークスでも文字単価で絞り込み検索ができるようになりました。

そのため提案がスピーディーにできるようになったのです。

文字単価1円以上の仕事にどんどん提案していきましょう。

ぶっちゃけ、数打てばいくつかは当たります。

3.ブログ運営も平行して行う

ブログ運営も平行して行うの吉です。

webライター一本だけだとどうしても消耗してしまいがち。

webライターの仕事はいくらやっても、不労所得にはなりません。

ブログはうまくいけば不労所得化させることが可能です。

不労所得といっても、実際はたまに管理する必要はあるのですが、それでもずいぶん楽になります。

ただ、ブログとwebライターを並行するのは大変ですので、無理はしないように。

両立しようとしたwebライターも挫折した人を知っていますので。

両立できない場合は、ブログは一旦辞めておくべきです。

ブログは好きなときに好きな数できますので、時間に余裕ができたらまた始めればよいだけ。

4.Twitterからも仕事を獲得する

Twitterからも仕事は獲得しましょう。

「webライター 募集」で検索すると、Twitterで仕事を求めている人が結構います。

そういった人にDMを送ると、仕事が獲得可能です。

Twitterの方が、手数料がかからない分、若干報酬額が高いケースかほとんど。

ただ、クラウドソーシングと違って、自分で契約を交わさないといけません。

ある程度、クライアントから信頼を獲得していないといけないのです。

なので、クラウドソーシングである程度実績を作ってからにしましょう。

まとめ

本記事では、webライターが仕事を辞めたいと思った場合と対処方法について解説しました!

webライターの仕事が辛くて辞めたくなる気持ちはわかります。

ずっと書いていくのはしんどいし、稼げないのはもっと辛いですよね。

webライターで稼いでいくには、ある程度コツが必要です。

本記事で解説したコツを意識して、webライターの仕事に取り組んでみてくださいね。