webライター

【初心者必見】webライターが1日に書く文字数は何文字?

パスワード 文字列

本記事ではライターーが一日に書く文字数について解説します。

「webライターって一日にどれぐらい書けばなることができるの?」という疑問にお応えします!

これからwebライターを目指す方の素朴な疑問を解決する内容となっております。

ぜひ最後までごらんください!

webライターが1日に書く文字数は1万字

webライターが1日に書く文字数はだいたい1万字ぐらいです。

ただ、これはあくまでwebライター専業でやっている人の話。

副業でやっている方は時間が限られるので、もっと少ないと思われます。

自分もだいたいこれぐらいを書くことが多いです。

1万字書けるようになると、だいぶライターとしては安定して稼ぐことができます。

もちろん1万字未満でもやっていける人はいます。

記事の後半で1万字書かなくてもライターとして食べていく方法も解説しています!

1時間で2000字は書けるようになりたい

最低でも1時間で2000字は書けるようになっておきたいところです。

専業でwebライターをやるのではあれば、これぐらいの執筆速度は必要です。

だいたい1日に書ける時間は5時間程度と思っておきましょう。

ライターは文字を書くだけで作業内容ではありません。

記事校正を考えたり、リサーチ作業を行ったり、クライアントとやり取りしたり、といった作業もあります。

そういった作業にかかる時間も踏まえた場合、だいたい5時間ぐらいしか時間は取れません。

1時間で2000字かけると、一日で10000字書ける計算です。

1日に1万字書けるwebライターになる5つの方法

「いや1万字も1日で書ける訳ないじゃん」

大丈夫です。1万字書くには、ちゃんとコツが存在します。

これらのコツを守っていけば、1万字書けるようになります!

ここでは以下のコツを紹介します!

1.ストップウォッチで時間を図りながら執筆
2.ポモドーロ・テクニックで集中力を持続
3.自分の得意ジャンルを狙いうちする
4.なるべく1記事の文字数が多い案件を狙う
5.ファミレスや喫茶店で作業する

1.ストップウォッチで時間を図りながら執筆

執筆するときは必ず、手元にストップウォッチを置いておきましょう。

時間を図りながら書くのとそうでないのとでは、集中の度合いが全然違います。

集中力を維持するためには、「何分で何文字かけるか」を計測しながら書いてみてください。

ストップウォッチは、100円ショップで購入してもよいですが、ブラウザアプリのものもありますので、そちらがおすすめです。

2.ポモドーロ・テクニックで集中力を持続

ポモドーロ・テクニックとは、25分執筆して5分休憩を繰り返す……という至ってシンプルなものです。

しかしシンプルながら集中力を持続させるには、このルーティーンは効果抜群です。

実際にやってみると25分という時間は長すぎず、短すぎず、ちょうどよい作業時間ということがわかります。

また5分という休憩時間もちょうどよい感じなんですよね。

これ以上休憩が長いと、たいだい集中が途切れてしまいます。

3.自分の得意ジャンルを狙いうちする

自分の得意ジャンルの方が、文章は速く書くことができます。

なるべくたくさんの文字数を書こうと思ったら、得意ジャンルを狙ううちした方がよいです。

得意ジャンルがないという方は、文字単価の高いジャンルの中から何かを学び、得意ジャンルにしてみましょう。

4.なるべく1記事の文字数が多い案件を狙う

たとえば4000字の案件と2000字の案件×2、どちらが速く終わるでしょうか?

こたえは4000字の案件です。

2000字の案件×2は、リサーチ作業が単純に2倍に上がります。

また、1記事書いた後にどうしても集中が切れてしまいやすいです。

4000字の記事を一気に書いた方が速く終わるでしょう。

文字数の長い案件はライターからあまり人気がありませんが、自分はむしろ優先的に獲得するようにしています。

5.ファミレスや喫茶店で作業する

ファミレスや喫茶店で作業するのもおすすめです。

自宅でばかり作業していると、代わり映えしないので飽きてしまうことも。

ファミレスはドリンクバーもあり、コーヒーも飲み放題なので集中力を持続させることができます。

「でもお店で作業すると、周囲の喋り声が気にならない」

いや、やってみるとわかるのですが、そんなことはありません。

作業に没頭してしまえば、周りの音はきにならなくなります。

むしろ自宅の方が、冷蔵庫の音とか時計の音とか、そういう些細な音が静かな環境の分目立ってしまって、集中できないことも。

ある程度色々な音が入り乱れている環境の方が、一つの音に気が散ることがないので、集中できます。

1日で1万字書くのが難しい場合の4つの対処法

さて、ここまで1万字を書くコツを紹介してきました。

ここまで読んで「それでも自分にはそんなにたくさん書けそうにない」と思った方もいるでしょう。

確かに1日1万字書くのは大変です。

そこで、この項目では1万字書くのが難しい場合の対処方法を紹介します。

以下の対処方法を挙げてみるので、自分でもできそうなものがあったら、取り入れてみましょう。

1.まずは1日5000文字を目指す
2.ライター以外の仕事も平行して行う
3.文字単価の高い仕事を狙う
4.ライター仲間を作ってモチベーションアップ

1.まずは1日5000文字を目指す

いきなり1万文字書くのを目指すのではなく、まずは5000文字書くことを考えましょう。

5000字だけなら、とりあえずなんとかなるかもしれません。

いきなり山頂を目指すのではなく、まずは5合目を目指すイメージです。

そして5合目まで行けば、「中途半端だからもう山頂まで行ってしまおう」となることが多いです。

5000字書いた勢いで、1000万文字まで行ってしまえることがあります。

2.ライター以外の仕事も平行して行う

基本的に1万文字書けないと、ライター一本で生活するのはやや難しいです。

未経験者の場合、最初は文字単価も安いので、どうしてもこれぐらいは書く必要があります。

なので、できれば他の仕事も平行して行いましょう。

ネットにはたくさんの仕事が溢れています。

プログラミングやサイト制作……簡単なものだとアンケート回答やデータ入力などなど。

ライター一本で行くのではなく、それらの作業も合わせていきましょう。

ライティング作業で使う体力と、他の作業で使う体力は、また異なります。

「もうこれ以上書く体力がない……」と思っても他の作業ならできる場合があります。

3.文字単価の高い仕事を狙う

webライターの単価はだいたい1文字1円が最低ラインです。

これぐらいならまあ、なんとか生活できるかなあという感じ。

ただ、もちろんこれ以上の文字単価を狙うのもありです。

1文字2円や3円の案件もあります。

高単価の案件を獲得できれば、1日に5000字ぐらいしか書かなくても生活は可能です。

とはいえ、文字単価の高い案件を狙うのは難しいです。

そして、ライターの案件には文字単価の高いジャンル、低いジャンル、結構わかれています。

文字単価の高いジャンルは以下の通りです。

IT系
転職系
不動産系

これらのジャンルを狙うことによって、収入アップが期待できます。

ただし、これらの案件は他の人も狙ってきます。

ある程度実績を作るか、ポートフォリオを練り込むかしないと、なかなか獲得は難しいかもしれません。

IT系

プログラミングスクールやIT業界の実態、プログラミング言語の解説などなど。

IT系は全体的に高単価なことが多いです。

昔IT企業に勤めた経験がある人は、まず狙いたいジャンルですね。

自分も元プログラマーですので、ITジャンルを中心に執筆しています。

また、IT企業に勤めたことがない人でもIT系について詳しいことを示せれば、案件獲得が可能です。

おすすめは「ITパスポート」という資格を取得すること。

「わざわざ資格なんて取得するの」と思うかもしれませんが、ITパスポートはIT関連の基本的なことしか出題されず、他に比べて楽に取得できる資格です。

そこまで勉強時間も多くなくてすみます。

また、ITパスポートの勉強で培ったことは、日常生活でも大いに役立ちます。

転職系

転職エージェントや転職サイトに関する記事も、高単価のものが多いです。

転職系は特に専門的な知識がいるという訳でもないので、誰にでもおすすめできるジャンルです。

文字単価2.0円以上の案件も中にはあります。

転職系は広告の単価が高いので、その分アフィリエイターもwebライターに多くの報酬を支払えるという事情があります。

ただ、単価が高い分応募してくるライバルの数も多いジャンルです。

転職系の案件を獲得するには、まず転職系の記事を作成し、ポートフォリオとして提出しましょう。

そうすれば、案件獲得のチャンスが上がります。

不動産系

不動産系も単価が高いことで有名です。

住宅ローンに関することや、マンション売却に関することなどなど。

お金が大きく動くジャンルですので、その分単価も高めにはなります。

不動産会社に勤めた経験が必要な場合もありますが、そうでない場合も多いです。

不動産関係を中心に狙っていくのもありかもしれません。

4.ライター仲間を作ってモチベーションアップ

他のライターと交流してみるのもおすすめです。

Twitterなどで、他のライターの人をフォローしてみましょう。

他の人が一生懸命頑張っているのを見ると、自分もやらねば、という気持ちになります。

また、Twitter経由で仕事を獲得できることもあります。

ある程度ライターの仕事に慣れてきたら、Twitterも開始してみましょう。

まとめ

本記事では、webライターが1日に書く文字数について解説しました。

webライターが1日に書く文字数の目安は1万字程度です。

書けば書くほど稼げる仕事ですので、執筆速度は早ければ早い程有利。

webライターとして生活するのであれば、執筆速度を上げる努力は惜しまないようにしたいところです。

webライターをはじめてみたい方は、まず最初にクラウドソーシングに登録するのがおすすめ。

クラウドソーシングに登録すると、数多くのライター向けの案件に簡単に応募することができます。

クラウドソーシングには未経験者でも獲得できる案件が数多くあります。

ライターとしての第一歩を踏み出すには、クラウドソーシングに登録しましょう。