転職

仕事を辞めたいけど怖くて上司に言えない場合の対処法【自意識過剰でも良い】

退職届 女性

「今やっている仕事をどうしても辞めたい。でも上司に言い出せない。このままずっと務め続けることになるのかな」

本記事はこのような不安を抱えている人を対象としています。

仕事を辞めたくても、上司に言えず、そのままずるずると働き続けている人は非常に多いです。

そういう方は、心が優しいあまりに、本当はやりたくもない仕事をずっと続けていくことになります。

しかし、人生は一度しかありません。

やりたくないことを延々をやり続けるのは、苦痛です。

たとえ給料をもらってるにしろ、それが見合う額ではない限り、やりたくない仕事を続けるのは得策ではありませんからね。

本記事では、仕事が辞めたくても言えない人のために、言うためのコツを伝授します。

本記事を最後まで読むことで、仕事を辞める方へ人生の舵をきっていくことができますよ!

仕事を辞めたい……でも言えない5つの理由

仕事を辞めたい、でも言えない。

それはいったいなぜなのか、自分でわかっていますか。

まずは、言えない理由を整理することが肝心です。

ここでは言えないよるある理由を5つにまとめました。

1.上司が怖い、何を思われるか分からない
2.辞めた後、生活できるか分からない
3.引き止められるかもしれない
4.上司、職場に申し訳ない
5.家族のことを考えてしまう

それぞれ対象方法も解説してあります。

1.上司が怖い、何を思われるか分からない

退職の意思を示したら、上司になんて思われるのか怖い方は多いです。

「世の中そんな甘くないぞ」とか「お前裏切るつもり」かとか言われるかもしれません。

それが怖いばかりに、いつまでも言い出せない人はいるんですよね。

また、仮に言われないにしても、上司が自分を嫌いになってしまわないかとか、不安になることもあります。

部下が会社を辞めるというのは、上司からしたらもちろんショックなこと。

上司にショックを与えてしまうのが、ひどく恐ろしいことにありますよね。

対処法:怖くない上司にまずは相談

退職する場合、直上の上司に言うのが普通ですが、ここは、他の上司にひとまず言ってみましょう。

仲の良い上司がいるなら、その人に相談した方がよいです。

退職に関するアドバイスをもらえるかもしれませんし、何より告白すれば退職の意思が強まるもの。

誰かに話すことで、退職がより現実的になるのです。

そうすれば直上の上司に告白する勇気も湧いてくるかもしれませんね。

2.辞めた後、生活できるか分からない

会社を辞めた後、生活できるか不安、そういう方もいると思います。

たしかに会社を辞めるというのは怖いことで、来月から収入がゼロになる訳ですからね。

特に新卒の就活で苦労した方は、「またあんな辛い思いを繰り返すのか」と憂鬱になることもあるかもしれません。

転職活動をしても転職できなかったらどうしようと不安に思うのは、無理ありませんね。

対処法:転職先を決めておくか目星をつけておく

1番ベストなのは、辞める前に転職先はしっかり決めておくことです。

辞めた後にも生活できることが分かれば、だいぶ退職を言い出しやすくなります。

ただ、転職活動しながら今の会社で働くのは大変なことです。

残業が多かったり有給が取りにくかったりする場合、転職活動と両立させるのは困難なんですよね。

そういった方は、転職先をとりあえず目星つけておくことをおすすめします。

あの会社とあの会社は面接を受けにいく、そういったことを大雑把でも良いので決めておきましょう。

こうすることで、少しは安心感が生まれるものてす。

3.引き止められるかもしれない

退職の意思を示した場合、「ちょっと待ってくれ」と引き止めてくる上司がいます。

引き止められることを恐れて、退職の意思を示せない人は多いです。

確かに引き止められると面倒ですよね。

対処法:仕事は自分の意思で辞められることを知る

引き止められることがあることが事実です。

しかし、法律上は会社は自分の意思で好きなことを辞められるようになっています。

なので上司も会社に残ることを推奨はするものの、「絶対に残れ」とまでは言えないことがほとんど。

上司に引き止められても、気にせず辞めてしまって問題ありません。

どうしても引き止めがしつこい上司がいたら、弁護士に相談するなどの措置も取れます。

4.上司、職場に申し訳ない

自分が抜けたら仕事が回らなくなる。

責任感の強い方だと、そんなふうに考えて仕事を辞められないパターンもあります。

とくに管理職についている場合、自分が仕事を辞めることで会社に影響を及ぼしてしまうから、なかなか辞められないという方も

対処法:気にするな!

これに関しては、「気にするな」しか言いようがないですね。

ぶっちゃけ、あなたがいなくても会社はしっかり回ります。

そうでない会社は、もはや組織として崩壊していますのです。

一人抜けたくらいで壊れる会社は、あまりにも弱すぎます。

管理職であっても同じこと。変わりにやってくれる人はどこかに存在するものなのです。

なので、辞めた会社のことは気にしないようにしましょう。

5.家族のことを考えてしまう

自分が辞めたら、家族が生活できなくなる。

妻に仕事を辞めたことをなんと相談すべきか。

こうした悩みを抱えて、退職できない人も多いです。

退職することで、妻や子供に迷惑をかけてしまうんじゃないかという恐怖が、退職の意思を鈍らせるケース。

対処法:家族にはきちんと相談する

さすがに家族には辞める前に相談はしましょう。

家族は大切な存在であり、自分の環境が大きく変わる場合は、きちんと報告すべきです。

相談したときに、会社を辞めないで欲しいと言われた場合は、辞める場合のメリットは説明しましょう。

辞めたら給料がアップする場合がある、とか。休みが増えて休日旅行に行きやすくなる、とか。

メリットがあることを示せば、納得してもらえるはずです。

「辞めたい」と言いやすくなるための3つのコツ

ここからは「辞めたい」と言いやすくなるためのコツを紹介します。

以下の3つを実践するだけで、会社を辞めることに近づくことが可能です。

1.退職届を書くなど、辞める準備は先に済ませてしまう
2.将来の自分の理想を姿を妄想する
3.他の社員には事前に話しておく

1.退職届を書くなど、辞める準備は先に済ませてしまう

退職届は、辞める前に書いておきたいところです。

辞める準備で慌ただしくなる前に済ませておく、という意味ではありません。

退職届を書くことで、辞める意思が強まるからです。

後は上司に言うだけ、という状況を作れば、自然と体は動いていきます。

もしあなたが仕事を辞めたいと感じている場合、まずは退職届を書きましょう。

ちなみに自分は、入社した段階ですでに退職届を書いておいて、ずっと保存してました。

辞めたいと思ったときにサッと辞められるようにするためです。

2.将来の自分の理想を姿を妄想する

自分が将来どうなりたいのか、妄想を積み重ねるのも重要です。

自分の夢や目標を叶え、喜んでいる自分を想像してみてください。

なりたい自分に近づくために、すぐにでも会社を辞めたいと思えてくるはずです。

3.他の社員には事前に話しておく

上司に話す前に、他の社員には事前に話しておくのがよいです。

あんまり一人で抱え込んでもよいことはありません。

仲の良い同僚とかに会社を辞めたいと思っていることを話しましょう。

他の人に話すことで、退職に現実感が増して、言い出しやすくなります。

また同僚に話した結果、「実は俺も辞めようと思っていた」と言われるかもしれません。

その場合、「一緒に辞めよう」と誘うこともできます。

2人で一緒に辞めるなら、そこまで怖くはないこともありますよね。

他の人に話すのはそういう意味でもメリットが大きいです。

仕事を辞めるまでの6つのSTEP

ここまで読んで、仕事を辞める意思は固まったでしょうか。

仕事を辞める決心がついた方は、次に辞める準備をすべきです。

辞める準備も「後でいいや」と思っていると、そのままずるずると先延ばしになりがちなので、今すぐやりましょう。

仕事を辞めるときは、以下のSTEPに従うのがおすすめ。

STEP1.就業規則を確認する
STEP2.退職届けを書いておく
STEP3.退職のことを上司に話す
STEP4.退職届を提出する
STEP5.引き継ぎ準備など
STEP6.挨拶、送別会

STEP1.就業規則を確認する

まずは会社の就業規則を確認しておきましょう。

通常会社は2週間前に退職届けを提出すれば、辞めることが可能です。

しかし会社によっては、1ヶ月前とか3ヶ月前とかに言わないといけない場合も。

退職スケジュールに合わせて、いつ退職届を出すか考えましょう。

なお、一応就業規則がどうあっても、2週間後には辞めることはできます。

2週間後に辞められるのは法律で決められているから。

ですがその場合、会社と揉めることにはなります。

仕事を辞めたいけど言い出せない、という方は会社と揉めるなんでしたくないですよね。

なんでここはおとなしく就業規則に従いましょう。

STEP2.退職届けを書いておく

辞めることを言い出す前に退職届は書いておきましょう。

退職届を書いておくことで、言い出す勇気が生まれやすいです。

それ以外にも書かないといけない書類があったらそろえておきましょう。

STEP3.退職のことを上司に話す

いよいよ退職の意思を上司に示すとき。

ここは覚悟を決めていきましょう。

上司に言うときは、会議室など他の人がいないところに呼び出すのが、基本です。

みんながいる場で退職届を叩きつけるのは、さすがにまずいですね(笑)

「お忙しいところすみませんが、この時間に会議室にお願いします」などと言って上司を誘います。

こう言われた上司はなんとなく部下が辞めようとすることを察するので、多少は言いやすくなるはず。

STEP4.退職届を提出する

上司が退職を了承したら、「いつまでに退職届を提出してくれ」と言われると思います。

いくら事前に退職届を作成していたからといって、告白したその日に提出するのはまずいです(笑)

翌日とかに提出しましょう。

STEP5.引き継ぎ準備など

退職届を出したら、後は引き継ぎ準備をするだけ。

職種によっては引き継ぎが必要でない場合もあります。

会社に残しておくべきデータを纏めたたり、後輩に業務を指導したり、忙しい人は結構忙しいです

STEP6.挨拶、送別会

出社最終日になったら、お世話になった人に挨拶に行きましょう。

お菓子でも渡しながら挨拶するとやりやすくなります。

その後は送別会に参加して、いよいよ終了です。

どうしても言い出せない場合、退職代行サービスを使おう!

本記事では仕事を辞めたくても言えない場合の解決方法、を解説しました。

会社を辞めたくても言い出せない人は結構多いです。

あなたの隣で働いている人も、同じことで悩んでいるかもしれませんよ。

本記事で解説した対処方法をぜひ実践して、勇気を出せるようになって頂けたら幸いです。

なお、どうしても言い出せない場合は、退職代行サービスを使うのもおすすめ。

退職代行サービスを使えば、上司に辞めることを言わなくても、代理人が話してくれます。

退職のための手続きもそのまま行ってくれるので楽です。

どうしても上司が怖い場合は、退職代行サービスを使いましょう。